安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

 昨日、町並み保存地区経由で帰宅中、「憧憬の広場」の前を通り過ぎた際にいつもとは違う光景が目に留まった。広場へ入ってみるとあのマッサン&リタ銅像の光沢が強烈に増していたのである。(2024/05/28撮影)
#01
 
 本銅像を初めて撮ってもらったのは建立直後の2015年の6月頃。その頃の光沢よりも増しているようだ。
#02
 
 「竹まつり」の数日後に広場前を通った際、出入口からチラリと見えたのがリタ像の椅子を掴んでしゃがみ込んでいる人の姿。その際は怪しい?撮影者かと思って視過ごしたが、あれは銅像を磨き込んでいた作業者だったようだ。
#03

リタの頬やマッサンの背広の光沢もツヤツヤ。
#04
 
 後ろへも回ってみたがマッサンの指先まで磨き込まれていた。背面から撮っている際に広場に入ってきたチャリダーに視られてしまった。怪しかったに違いない。
#05
 
 吉名町の海光神社前にある「池田総理胸像」では修繕された時の銘が座台に嵌め込まれていたが、本銅像では特に明記はされてはいなかった。銅像を磨くレベルでは「修繕」という程ではないのかもしれない。
#06

******

 以下からは今年の「竹まつり」で撮ったマッサン&リタ銅像である。ご覧の通り、艶光は殆ど無い。(2024/05/03撮影)
#10
#11

 
 背広や頬はガサガサ。
#12


 あの、マッサン狂騒曲から約10年が経ってしまった。竹原ではウヰスキー「竹鶴」はもう手に入らない。初めて竹鶴政孝を旧HP記事にしたのが 2001年だった。あの時、近所の酒屋で買ったのが「竹鶴12年」、飲み終えても瓶を取っておけば良かった。

-以上-

 昨夜の竹原市のヤフー!天気予報は午前2時頃が大雨、朝方までには雨があがって日中は晴れであった。しかし、朝方目覚めてカーテンを開けてみると大雨。再度、天気予報を確認すると15時から晴れになっていた。ならば、久しぶりに晴れた的場の突堤でのんびりと過ごそうと待つこと10時間。14時には雨はやんだが寒空の曇天のまま。結局、晴天の的場はあきらめて曇天の突堤を訪れた。(2024/05/28撮影)
#01
 
 平日の18時前でも、的場公園の防潮堤の前には車が数台。寒かったのか、防潮堤の上にカセットコンロを置いて鍋をつつく者がいて遠巻きにビックリ。
#02

 
 砂浜には誰いなかった。
#03

 反対側の突堤には釣り人が数人。
#04

 
 突堤の先端からパノラマ撮影してみたが曇りではつまらない。
#05
 
 そうしているうちに、こちらの突堤にも釣り人がやってきたので退散。
#06

 引き潮だったので、久しぶりに磯辺を歩いてみることにした。
#07

#08
 
 遥か向こうにも釣り人が一人いたので散策範囲は限られる。
#09


#10
 
 潮溜まりにハゼやフグがいないか探してみたが一匹も見つからず。
#11

#12
 
 やはり、沖のフェリーの航行には惹かれてしまう。
#13

#14
 
 考えてみれば大崎へは観光がてらで一度も訪れた事が無い。大学生時代に契島へはバイトで通っていた。
#15

 
 ここに居た釣り人と路上ですれ違ったが外国人であった。
#16

 この辺りの潮溜まりにも魚介類は見当たらず。
#17
 
 よく見ればイソギンチャクが水中で揺れていた。
#18

#19
#20

 この後、重苦しい黒の隙間から夕陽が覗きはじめたので、キリが残る朝日山や明るくなった明神を撮ることにした。後半へ続く・・・。

-以上-

 国道185号吉名駅入口の交差点にある益吉呉服店の店頭展示が「端午の節句」から「夏の装い」へ変わっていた。朝顔をモチーフにした涼しげな柄の白い浴衣と青い鼻緒の黒い下駄。一緒に飾られている鮮やかな紅色の花の絵画は朝顔だろうか。これまでは気に留めていなかったが、暫しの信号待ちにて季節の移り変わりが楽しめるのが嬉しい。(2024/05/27撮影)
#01

 夕方なので写りは悪いが信号待ち時に益吉呉服店の陳列窓が見える。
#02

#03


 今週末はもう6月、浴衣のシーズンは6月から9月までらしいので今週始めの展示入れ替えであろうか。

-以上-

↑このページのトップヘ