昨日、照蓮寺の落葉を撮り終えた後に帰宅してコーヒーを飲んでいると、どこかのローカル局のワイドショーで広島市の空を中継中にMCが「あれっ?✕✕さん、何だか虹が出てませんか?」との慌てた問いにレポーターの応えが無いまま中継が終了。竹原でも先程霧雨が降っていたのでもしかして・・・・と再び出かけてみたところ、古庭橋上で夕陽に照らされてコントラストが高く映えた寺山を目撃!
 犬の散歩中の方が「山がきれいですね・・・あれっ?何だか虹が出てませんか?」との問いに、山肌から視線を空に向けると薄つすらと虹が出ていた。未だアーチ状にはなっておらず虹色が見えているのは左側半分。(2021/11/23撮影)

16:25時は虹の左端が出現。
#01
#02
16:26時、薄かった虹色が徐々に濃くなってきた。
#03
#04
 16:27時、アーチ状になり始め右側の端がフェリー辺りに見え始めたが、古庭橋上からは虹の全景を撮るには近すぎて断念。竹中辺りまで行っていれば撮れたかもしれないが、仰角的にそこから虹が見えていた確証は無い。先月の虹のように移動している間に見えなくなるに違いない。
16:27時、虹色が一番濃く見えていたのはこの後から約2分間。ここに居た目的は虹ではなく夕陽に映える寺山の肌を見ることだったので、無意識にアーチ右端を撮るのを忘れていたようだ。もしも普明閣辺りにアーチが降りていれば今年最高の写真が撮れていたであろう。
#05
#06
16:28時、この頃はアーチ右端が消滅。色濃く見えていたのはアーチ左端のみとなった。 
#07
#08

16:29には夕陽が更に低くなって山肌のコントラストが急に弱くなり、16:30にはとうとう虹のアーチ左側も完全消滅。慌てて照蓮寺の西幼稚園跡向いの駐車場へ移動してみたが虹は見えず。
#09
16:30、更に先の照蓮寺の貯水池前からも虹は見えず。
#10

虹が見えていたのは約5分間、秋色に染まった強コントラストの寺山と飛入りの虹アーチによる街頭ゲリラライブショーを観ることができた。