旧竹原福祉会館の解体工事が始まってから約2ヶ月が経過。この付近の国道185号にて信号待ちをしていると、時折、大音響や微かな地鳴りを感じることもあり、建物の中では大規模な解体工事が進行中のようである。窓ガラスは全て撤去されており、外から見える窓の中では天井などを崩し落とす作業中であった。(2021/11/23撮影)

 ナフコ・藤三駐車場西側から
#01
#02
 ナフコ・藤三駐車場中央から
#03
#04
 ナフコ・藤三駐車場東側から
#06
 福祉会館入口から
#05
 国道185号「福祉会館前」交差点から
#07
#08

 解体工事完了予定は来年のバレンタイン。現時点では建物外観の解体は未だのようで、組み上がった足場に防塵ネットが張られれば外観の解体が始まるであろう。「(仮)竹原中央緑地広場」、予価1億円超の整備(日刊建設新聞の見出しによる)なのだが、具体的な広場の設備や完成予想図などは未だ探せていない。