竹原では1月末から2月の頭にかけて各地で「神明さん(読み:しんめんさん/別称:とんど)」が作られるのだが、ここ数年コロナ禍や少子高齢化による伝統継承難によって開催中止を余儀なくされているようだ。先月の散策では西幼稚園跡と古庭公園(上市公園)、上田万里の国道2号線下り沿い、西野町の国道2号線仁賀東口の向いの4ヶ所で「神明さん」が立てられている様子を目撃している。
 そのうち写真に撮れたのは2ヶ所、本日はそのうち楠通自治会による西幼稚園跡の「神明さん」を紹介する。(2023/01/29撮影)
#01
#02
#03
#04
#05
#06
#07

 この「神明さん」を「はやす(=燃やす)」のは2月5日。点火され燃え上がって倒されるまでは消防団の消防車が万一に備えて近くで待機されていた昨年の様子を思い出した。今年は竹小でも久しぶりに開催されるとの噂を耳にしていたので同日に訪れてみたが何も見当たらなかった。