安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

2022年10月

 10月161日に開催されたイベント「たけはら町並み三の市~えん~」にて、ミニ盆栽体験講座「風庭」の会場となっていた吉井邸(本陣・市重要文化財)。非公開のため普段は玄関が閉じられていて屋内へは入れないのだが、幸運にもこの日は土間へは自由に出入りすることができた。(2022/10/16撮影)
#01
 
 吉井邸といえば、私の竹小通学路だった頃には既に存在していた「水用火防」ぐらいしか撮ることができなかったが・・・
#11

 このイベント日だけなのか、開かずの玄関が開かれていた。
#02
#10

 屋内で催されていたミニ盆栽ワークショップにも興味をそそられたが、他にも回りたかったので屋内を覗いてみる程度とした。許可されているにも関わらず、恐る恐るこっそりと中へ入るTV番組で多用されている「潜入」といえようか。
 開かれていた格子戸から中へ入ると予想外の広い土間。イベント用にあつらえたのか「米屋」のの暖簾が吊るされていた。
#03

 この暖簾を見てしまうと、昔はここが米屋だったようと思えてしまうが、各種書籍を調べてみると、これは吉井家の屋号「米屋(こめや)」であり、塩田経営・酒造業・問屋業や廻船業などの多角経営によって財を成し、竹原の町年寄(まちどしより)を代々務められ、広島藩主が竹原を訪れた際には本陣になっていた由緒ある邸宅と解説されていた。
 塩田の塩分低下改善のため、あの賀茂川の河口(ハチ)である瀬替工事を計画し、32年間にわたって横島を切り抜いて完成させたのは、当時町年寄であった六代目の吉井当聡(まさとし)氏による功績であったようだ。
#04
 
 屋内は予想外に明るく、私が帰郷する前頃に大規模な建築物調査と改修工事が行われてたが、今でも生活ができるほどに整備されていた。
 この玄関がある主屋の南側には、のちに現在は堀川邸となっている新座敷(「防火用水」から南側)が増築された経緯がある。また、醤油蔵として使用されていた「ほり川」の土蔵は元は吉井家の酒造蔵であり、この吉井家の主屋は竹原において現存する最古の歴史的建造物にも指定されているようだ。 
#05
#06

 この「吉井邸」は平成27年の「憧憬の路」にて、向いの上吉井邸(初代竹原郵便局跡)と一緒に一般開放(その後の開放は調べていない)されたようで、吉井邸では「開かずの門」であった御成門も開かれていたようである。今年の「憧憬の路」や11月開催予定のイベントにて「吉井邸」が再び開放されるのを期待しているのだが、この御成門はどうなのであろうか。 
#12

 この御成座敷にある竹原格子窓の内側を見てみたい。
#12

-以上-

 「恵美須祭」の二日目は上市自治会による「富くじ」があるの日。昼食後に訪れてみる予定であったが、その直前に上市自治会の月番の方から以下の物を頂いた。真新しい「恵美須大神」の御札、紅白餅(神田もち?)と「上市自治会 胡神社 富くじ 引換券」であった。(2022/10/20撮影)
#01
 
 富くじの引き方は行ってみてから・・・のつもりであったが、この「引換券」を渡せば良いようだ。考えて見れば私は「くじ運」が非常に悪い。そこで家内にこの「引換券」とデジカメを預けてくじ引きと撮影をお願いした。以下がその富くじの様子である。

 昨日は車載カメラだったのでまともに撮れなかったが、偶然なのか必然なのかベストショットを撮ってくれていた。衛星放送AT-Xで時折り流れているアイキャッチ画像と同一アングル(黒田せんべいと胡堂のイラスト)である。
#02
 
 2019年時は胡堂手前にテントが設営されていたが、今年は照蓮寺裏門へ通じるスペース(酒造井戸前)
であった。このアングルで「時をかける少女」(1983年上映)を連想するのは昭和生まれである。
#03
 
 賽銭箱が普段より手前に置かれ、礒宮のように高額時に叩いてくれるのか太鼓が置かれていた。
#04

 このショットがあるということは賽銭を投げ込んだようだ。よく見ると「胡子神社」と書かれている。またひとつ悩み?が増えてしまった。この「胡堂」は「恵美須神社」や「恵比須堂」と諸書籍に書かれているのだが、それに「胡子神社」がまた増えてしまった。(他の神社には「恵比寿」や「恵美寿」と彫られた鳥居の扁額もある)
#10

 高額寄付者や富くじ景品提供者などの芳名札も増えていた。その中に見付けたのが「喜楽軒のラーメン券」。
#06

 このテントが「富くじ」の会場。
#05


#07

 くじ引き方法は、引換券を渡して引いた当選番号と景品の引き換え。紙コップに差された割り箸を1本引くと番号が書かれており、それに該当する景品が手渡されるのである。そして引いた割り箸の番号が「1」で、貰えた景品がトイレットペーパー12ロール入り、これが特等だったのか単に数種類ある景品の番号だったのかは不明。他に缶ジュースやラップも置かれていたことからハズレではなかったようだ。

 撮ってもらった1枚にトイレットペーパー12ロール入りを抱えて帰る人が写っていたことから「1」は複数出ていたようだ。
#08

 そしてこれがその有難い12ロール入りダブル巻。私が引きに行っていたら確実に末等であったであろう。
#09

 いや・・・・町並み保存地区で開かれた「~えん~」にて賽銭箱へ「ごえん」を投げ込んだので、もしかしたら「喜楽軒のラーメン券」が貰えていたかもしれない。

 昼間に車で保存地区を通ると観光客の邪魔になるので・・・と言いたいが本日は平日ど真ん中。日中でも自転車なら2~3分で行けたのだが「恵美須祭」が行われていること自体を忘れていた。仕事帰りに思い出した夕暮れに普段とは違う胡堂の光景を確認しに保存地区を通ってみた。(2022/10/19撮影)

 17時半過ぎ、本日も住吉橋に設置された「竹灯籠」の灯りは燈っていなかった。未だ時刻が早いのか、「憧憬の路」当日に燈るのだろうか。
#00
 
 住吉橋から竹鶴酒造のT字路に指しかかると注連縄は張られておらず、いたる所に注連笹?が立てられていた。
#01
#02
 
 胡堂近くまで観光客が数名歩いていた。
#03
 
 奉寄進の幟は1対立てられていたが・・・
#04

 2019年時にあった振舞酒用テントは見当たらなかった。夕方には仕舞われるのか今年は無かったのか。
#05

 普段は吊るされていない豪華な提灯に灯りが燈っていた。
#06
 
 高額寄付者の氏名欄は1週間前と比べると用紙一杯になっていた。ちなみに上市自治会での寄付は一世帯500円だった。
#07

 明日は振舞酒があっても午後から仕事があるので飲めないが、12時~16時に富くじがあるので行ってみたい。

 本日午前、市役所からの帰りに駐車場から出た際に、「ゆめタウン竹原」南口に立てられピンク色の看板に目が留まった。「閉店売りつくしセール開催中!」の看板であった。駐車場の各所にも看板同様の幟が多数立てられており、新聞購読していれば折込チラシ等で本セールを知り得たのだが、竹原の地元暮らしアプリ「MINANOWA」には「ゆめタウン竹原」が加入していないので、いつからセールが始まっていたのかは分からなかった。
 閉店は11月27日(日曜)、いよいよ「さよなら閉店」までのカウントダウン・セールが始まったようである。(2022/10/18撮影)
#01
 
 本日は店内へは入らなかったが、出入口の扉には「混雑状況により入場制限を・・・」のお知らせが貼られていたことから、他店への商品移動はせずに「売り切れ後免」の激安バーゲンセールが既に始まっていたに違いない。
#02

 以下は普明閣の境内から撮った「ゆめタウン竹原」だが、竹原市が「コンパクトシティである証し」の商業施設集中の1つが消えてしまうのは誠に残念である。(2022/09/23撮影)
#03

 帰郷してから3回目の正月が訪れるのだが、毎回「おせち料理」は「ゆめタウン竹原」で予約購入してきた。今年の予約はどうするのだろうか?

-以上-

 昨日の朝方から始めていた超古ノートPCの再利用作業が完了した。2006年当時に21万円で家内に買った最新式超ハイスペックのノートPCであったが、結局使われていたのは年に一度の年賀状作成程度であった。帰郷してからも倉庫で眠っていたが、無謀にもこれに最新OSである Windows11 をインストールしてみたくて作業を始めのが朝方、色々と試行錯誤をしていたら昼過ぎになってしまった。
 そして午後からは「~えん~」イベントを観に「町並み保存地区」へ出掛けて昼食は保存地区最北端の根古屋。暖簾を潜るとタイミング良く1テーブルが空席となったが、お気に入りの紅焼牛肉麺が売り切れたとのことで総合豆花へ変更した。
 昼食後に先ず訪れたのが、むせるようなキンモクセイの香りが漂う照蓮寺の貯水池前。日向ぼっこしている猫と戯れていて目に留まったのがこの色褪せて朽果てた「町並み保存地区」の
超古パネル。これもいつ撤去されても仕方なさそうなぐらい、かなりの年季が入った超古パネルなので写真に撮っておいた。(2022/10/16撮影)
#01
 
 パネル塗装のかなりの部分が剥げていたが、その一部に興味深いものを見付けてしまった。三原農協の看板に続いて「重箱の隅的?」になってしまうが紹介しよう。
#02
 
 1つ目は「町並み保存地区」の下に書かれている「(重要伝統的建造物保存地区)」である。その中央の「」がなぜか四角く囲まれており白く消えかけている。しかしこの文字に見覚えがある。旧HPを作成していた頃に私もよく変換ミスをしていた「建造物」で、正しくは「建造部」なのである。どうやら誤字が書かれていた「」部分に「」シールが貼られていたのが、経年変化で剥げ落ちてしまったようだ。
#03

 そして2つ目が「竹原市」の上に隠された1行。肉眼では見え辛かったのでPhotoShopで画像処理を施してみたら「広島中央広域行政組合」という聞きなれない組織名。
#04

 ネットで調べて見たら「東広島圏域合併協議会」のHP(2004年版)に概要が書かれていたので以下に転記した。
---------------------
 1の広島中央広域行政組合でございますが、この組合は平成13年4月に設置されたもので、東広島市、竹原市を初め2市9町で構成されております。広域市町村圏計画の策定や広域行政の課題などの調査研究を主な事務としております。昨年2月には広島中央広域市町村圏計画を策定したところでございます。
---------------------
 当時、他市との合併で「竹原市が消えてしまう?」と騒がれていた頃に発足した組織のようだが、その「合併話」は完結して現在はもう組織が解散したのであろうか、白いシールで隠されていたのが剥げかけていたようだ。

 この記事を書いている間に、試行錯誤を繰り返していた超古ノートPCのWindows11化作業が完結した。2006年当時はWindowsXpがインストールされていたが、あれから16年が経過しても動画サイトの軽いものを見る程度であれば未だ何とか使えるようだ。
#05
#06

-以上-

↑このページのトップヘ