12月25日にジュンテンドーへ買い物に行く際、広島FMのニュース音声から「三原市」と「旧かんぽの宿 竹原」という単語が突然聴こえてきた。耳をすませ聴いてみると簡保の宿跡を大規模改築して5階建の宿泊施設(洋室タイプ)に改装するとのことだ。三原市との関係を聴き逃したのでネットで調べてみる三原市の企業が施設と土地を取得して改装し、2025年5月に宿泊施設を新規オープンすることが分かった。
 ならば年明けか年度明けから大規模な建物の解体が始まるはず。既に2021年に「かんぽの宿」跡を撮ってはいるが、その後どうなったかは確認していなかったので本日改めて撮影しておいた。(2023/12/29撮影)

 訪れてみた結果、建物の外観は特に変化なし。
#00

 「かんぽ宿」跡の場所は西野町の国道2号線から賀茂川沿いにある湯坂温泉郷へ。
#01
#02

 ホテル賀茂川荘の脇から更に西へ。
#03

 工事フェンスで囲まれた土地と建物が「かんぽの宿 竹原」跡である。なお、2021年時点でエレベータ機械室壁面の「かんぽの宿」文字は取り除かれていた。
#04

 そして「立入禁止」の看板にガムテープが貼られて既に日本郵政の管理ではなくなっていた。竹原市の管理となっていたのだろうか?
#05

 西側面から確認すると2階建の奥に3階建がある計5階建の構造。
#07

 正面からだと3階建の奥に5階建があるように見える。
#10

 そして玄関。
#11

 「かんぽの宿」看板があったエレベータ機械室。
#12

 大規模改修後の建物も5階建ということは、解体ではなく改装による工事が予測される。
#13

 これで「かんぽの宿」営業中(1999年撮影)、休業中(2021年撮影)、そして三原市の企業が取得した後の状態(2023/12/29撮影)が加わり、時間経過的な補間をすることができた。あとは改築中と完成の写真撮影で補完となる予定。

-以上-