かかえ地蔵の枝垂れ梅に続いて訪れたのは本命の西方寺の枝垂れ梅。町並み保存地区内では最も美しく妖艶な容姿と咲き方ではなかろうか。それを鑑賞できる満開期間は一週間程度。大雨で散る前日に訪れみて正解であった。(2024/02/20撮影)

 ここは何と言っても朝日山を背景に写真が撮れるベストスポット。
#00
 
 山門脇なので本町通りからは見え難く、本堂へお参りせずに普明閣を目指すと絶景を見逃してしまう。
#01
#02
#03

 これ、この時季だけでも境内立入時間制限を解いてライトアップすれば、泊まりの観光客が普明閣と一緒に絶景を楽しめそうだ。
#04

 枝垂れが地面に届くほど長く、名所のような柵が無くて樹の真下へ自由に潜れるのが嬉しい。
#05
#06
#07
#08

 西方寺の本堂を背景にすると風情ある写真になるし・・・
#09
#10

 朝日山を入れれば「ここは竹原」であることを示せる。
#11

 花弁の落ち具合は満開状態。今日の大雨でこの倍以上に落ちるであろう。
#12

 最後は恒例のパノラマ撮影。トイレ脇からと樹の下から。
#13
#14

 おまけ・・・ライトアップされればこんな感じだったかも。[加工写真]
#15

-以上-