今年の「宮床さん」を訪れた目的は「えしま家」での2度目のお好み焼。初回は昨年末だった。お祭り日がOPEN中か否かと満席か否かは半分賭けではあったが、あの内堀公園でのビンゴ受付の長蛇の列を見てから満席の不安は解消。あとは店頭に暖簾が出ているかを実際に訪れてみて確認するだけ。(2024/04/14撮影)

 暖簾が出ていた!
#01

 カウンターに常連客1名。奥のテーブル席には4人組客。
#02

 前回は「当店お勧め焼き(800円)」だったので、今回の全部入りの「スペシャル焼き(1000円)」を注文。生ビールは今回も運転手なのでコップ水のみ。
#03

 暫くすると奥の座敷席から垢抜けたスーツ姿の男性数名が店外へ。15時まで未だ時間があるとのことで、もしかしたら立命館大学のバリバリのメンバーだったのかの確証は無い。
#04

 これが「スペシャル焼き」。
#05

 蒸されたキャベツが「みっしり」、ソバは「カリカリ」で空きっ腹にズシリと効いてきた。やはり、生ビールが合うようで電車で来るべきであった。呉線の本数が疎らなのが悔やまれる。
G01

 食べ終わって壁メニューの下に貼られていたサイン色紙に目が留まった。筆記体なので難解だが「miwa」と書かれており、アコーステック・ギターが描かれていた。ギターを弾きながら唄う「miwa」と言えは、私の知る限りではあの1人しかいない。
#06

-以上-