今年(令和6年)の「たけはら竹まつり」は5月3日のみ。昼前に竹小校庭に車を停めて、徒歩で田中経由で町並み保存地区へ・・・。今回は旧郵便局跡の池坊、「竹すずめ」でランチ、頼惟清邸の一生流、黒田煎餅本舗、歴史民俗資料館、憧憬広場、照蓮寺、酒蔵交流館、町並み保存センター前・・・そして最後は旧笠井邸の2階窓から「かぐや姫パレード」の撮影であった。(2024/05/03撮影)

 旧笠井邸の2階窓から撮るのがベストとの情報を読者から頂いていたので今回は初チャレンジ。イベント写真で手間取るのが一般観覧者の顔ボカシ。敢えて「かぐや姫」以外をボカしてみたが、このようにやはり臨場感に欠けてかつ不自然である。
#11

 午後のパレードが14時半にスタートした頃に2階へ上がってみた。酒蔵交流館から出発して胡堂から本町通を南下。微かに雅楽隊の「越天楽」が聴こえてきたのは約20分後からであった。定番スポットなのか既に窓際に待機者数名。
#01
 
 行列と一緒に朝日山を入れたいが遠近バランス的に無理そうだ。、
#02

 越天楽が聴こえてきた。
#03
 
 旧礒辺旅館前のカーブから雅楽隊と赤い和傘が現れた。
#04

 遠すぎてズームしてみた。
#05
#06

 竹鶴酒造前辺りに近づいた。
#07
#08

 「陶工房 風土」辺りか。朝日山の山肌もギリギリ入った。
#09
#10

 そして「纏」辺りに近づいて・・・
#11

 雅楽隊の先頭が鳥羽町へ曲がり始めた。この時が「かぐや姫」を撮れるラストだが、「竹原の証し」である朝日山が写り込んでいない。

#12

 そしていよいよ旧笠井邸に至近。 
#13

 ラストは顔アップ。
#14

 だが、私としてはやはりこれが一番落ち着く。
#15

-以上-