「たけはら竹まつり」にて久しぶりに「せんべい本補黒田」(黒田せんべい店)で「忠孝巌煎餅」(700円)を1袋購入。会計時に店主から店舗内の撮影許可を頂けたので、今回が初撮影となるが実際に使っている手焼き型なども撮ることができた。(2024/05/03撮影)
#00

 胡堂と青い暖簾とのセットがベストアングル。
#01

 「忠孝巌煎餅」を前回ここで買ったのは2017年のGW帰省だった。その時は職場への帰省土産を兼ねて数袋を購入。その中の1袋(小袋✕3✕2枚入り)は自宅用として食べた後に袋は永久保存とした。
#02

 その時は旧ホームページの記事にはしなかったが、帰郷前のブログ版立ち上げ時に「忠孝巖煎餅」として詳細な記事にしていた。
#03

 では・・・暖簾をくぐって店内へ。
#04

 かご内から1袋とってレジへ。奥の部屋から職人気質の店主が出てこられたので会計後にダメ元で店舗内の撮影確認をしてみたところ、「いいよっ!」と快く承諾して頂けたので先ずはこの台から撮影開始。懐かしい榎町時代の「定恵せんべい」などについて色々と訊いてみたかったが、店主は忙しいようでそそくさと奥へ・・・。
#05

 こっちの書は読めるが・・・
#06

 もう1枚とガラス越しの書は読めず・・・。これらは誰の書だろうか?
#07

 この長椅子?は和製イートイン。それとも手焼き中の様子を観ながら出来上がりを待つ椅子なのだろうか。
#08

 忠孝巌煎餅はここで焼かれている。
#09

 手焼きの焼き型が計9本。かなり前に手焼き中の様子がテレビ番組で放映されたのを思い出した。
#10

 もう試食用は無い。化粧箱入り商品は原材料不足のため一時取扱い停止中。
#12

 もしかしたら、これらの焼き型の中に「定恵せんべい」用があるかも。
#13

 暖簾をくぐって外へ。
#11
#14
#15
#16

 これが今回購入した「忠孝巌煎餅」。

 袋の表には・・・


 元祖 手焼き 三代目
 広島県推薦銘菓
 登録 第1293920号
 登録商標 忠孝巖煎餅
      手焼

#20

 袋の裏には・・・竹原小唄の・・・

 野暮な俺だが 竹原そだち 胸にゃ揺るがぬ 忠孝巌

 が書かれている。

 竹原小唄
 やぼな おれだが
   竹原そだち
  胸にゃ ゆるがぬ
   忠孝巌


#21

 これを買った数日後に町並み保存地区の他店にて聞いた話。

 残っている煎餅を入れる部材を使い切ったら廃業されるとの事で、それを知った近所の方々が一斉に煎餅を購入。そのためか否か、あと3日ぐらい(5月10日?)で閉店となりそうとの事であった。その後、店舗前を何度か確認しているのだが、その時は青い暖簾は出されていなかった。

-以上-