長い間、工事が行われていた「竹原市保健センター」の白い防塵・防音幕が取り除かれていた。この建物の外壁には普明閣が描かれた巨大なブロンズ風の壁画があり、もしや保健センターの改修工事にて白い幕の内側で壁画が剥がされてしまうのでは・・・と心配していたが、玄関側からぐるりと裏側へ回ってみると嬉しいことに壁画は健在!特にどこがどう変わったか、それとも何も施されなかったのか、これまで至近で鑑賞したことが無かったので特に変化は分からなかった。(2024/05/21撮影)
#00

 昨年頃から行われていた健康センターの工事内容は特に調べてはいないが、全般的な改修工事と思われる。
#01

 これまで気が付かなかったが・・・
#02

 外壁はエンボス加工風の「竹やぶ」。今回の改修によるものか、以前からあったのか。 
#03

 裏側へ回ってみると壁画には特に変化なし。 
#04

 外壁が清掃されたのだろうか。以前よりもブロンズ感が増したような気もする。下には照明設備があるので夜中に再訪してみたい。  
#05

 壁画のど真ん中に電柱があるので普明閣側へ。
#07
 
 右脇には「たけのこ」も彫り込まれているが、普明閣の臨場感を味わいたいのでカット。

 斜めからは西日を浴びると凹凸が強調されて良い感じ。
#08

 真正面からはのっぺり感。
#06

 こんな目立たない場所に竹原市の代表的な建造物の壁画はもったいない。

-以上-