4月から新たな移動図書館「わかたけ4号」の運用が開始された。最初に新車両の存在を知ったのはNHK広島のニュースで、その夕方に図書館で車両を目撃。その後、これまで大型だった旧車両「わかたけ3号」を見掛けなかった狭い道路で新車両とすれ違うこともあった。
#00

 図書館で目撃した新車両「わかたけ4号」。(2024/04/04撮影) 
#02

 これまで「わかたけ3号」が来ていた大井地域交流センターに新車両が登場。(2024/04/11撮影) 
#01
 
 旧車両となった「わかたけ3号」を最後に撮影したのは電発のイベントだった。(2023/11/12撮影)
20231112a

 旧車両は「お別れ会」を終えて南アフリカ共和国へ譲渡されることになったようだ。

 「わかたけ3号」の前には「わかたけ2号」が存在していた。これは竹原市役所の駐車場に置かれていた車両で、この頃は「わかたけ1号」と「わかたけ2号」があり、2台で巡回しているものと勘違いしていた。(2000/01/09撮影)
20000109a

 「わかたけ2号」に代わって新たな「わかたけ3号」を最初に撮ったのは2012年。この頃も1~3号で巡回していると勘違いしたままだった。(2012/08/07撮影)
20120807a

 「わかたけ3号」が走り出してから「わかたけ2号」を全く見かけなくなったことで、もしや「3号」とは「3代目」のことでは?と思い始めたのはこの頃だった。(2014/12/29撮影)
20141229a
20141229b

 そして「わかたけ4号」がお目見えしたことで新車両へと代わる毎に「号」が+1となることが分かったという次第。

-以上-