2019.11.13-2


 アナログカメラで撮ったフィルムが多数あるのだが、いつ撮ったのかが分からないものばかり。デジタルであればメタデータに撮影日などが残されるが、殆どが日付無し撮影だったので今となってはフィルム枠外にある年しか手がかりが無い。今考えてみれば芸術写真などではないから別に日付ぐらい入っていても良かった。本試行記事ではそのフィルム撮影した写真を掲載してみる。

 黎明期のデジカメで撮ると小サイズで低画質となるが、フィルムだとスキャナ次第ではメガピクセルのレベルでデジタル写真化が可能だったので併用していた。撮影していた当時は1200dpi/2400dpiのフィルムフォルダ付フラットベッドを使用していた。のちにフィルムスキャナ付インクジェットプリンタを買ったが、デジカメがメガピクセル時代となって殆ど機能を使用することなくお蔵入り。現在もフィルムスキャナは売られてはいるが、いつか使う日が来るとの思いで捨てられずに10数年が経過した。今更、立ち上げてTWAIN対応ソフトなどを探すのも面倒なので、既にデジタル化していたものを少しだが紹介する。但し、撮影日が分からないのとスキャン仕立てのbmp形式ではブログに読み込めなかったので画質劣化するjpeg形式に変換した。デシカメと比べてみるとザラザラ感はあるがシャープだ。掲載最後の「普明閣と西方寺石段」には幸運にも撮影日があり、88年9月12日であったがネガを裏返しでスキャンした失敗物だった。なんと!今から31年前の写真なのである。 

f001

#01:中四国フェリー停泊中の第五さんよう

f002
f007

#02,06:三井の煙突(全景)


f006
f005
f004

#05,04.03:三井の煙突(上/中/下)


f008
#07:この辺りから町並み保存地区(ハーフサイズ)


f009
#08:旧竹原警察署付近(現在の道の駅付近)


f003
#02:普明閣


f010
#09:掛町の本川雁木(住吉橋より)


f011
#10:普明閣と西方寺石段(ハーフサイズ)