毎週火曜日は仕事が休みなので、写真撮りで街を散策してから昼食は「ますや」へ。今回はトップカルダン跡の現状確認のため「あいふる通り」を訪れたのだが、その際に通った近くの公園が無人で散水中だったのでその様子を暫く眺めていた。この公園には「本川公園」の看板があるのだが未だにその名に馴染めていない。元々は「(駅前の)児童公園」だった気がしてならず、どうしてここが「本川」なのかと引っ掛かったまま。(2020/09/29撮影)
#01
#02
#03
#04

 その公園をぐるっと一回りして「児童公園」だった頃の痕跡と周辺に変わりが無いか探してみた。
先ずは「あいふる21」だが変化なし。「あいふる316」との関係が知りたいところだ。
#05

 その向い角の「かつや」もそのままだ。
#06

 この先の「みっちゃん」はお好み焼き屋だと思っていたが焼肉店だった。
#07

 ぐるっと回ると何だか垢抜けた雰囲気だ。
#08

 公園裏側には「富貴荘」が有ったが去年か今年冬に解体され駐車場へと変わる際中を目撃している。その駐車場名は「有料駐車場」だったが管理は富貴荘となっている。
#09

 ここで何か違和感が・・・。確か神社がここ辺りに有ったハズ。少し戻って再確認したが「戎社」が無い。富貴荘の裏が神社だったが解体と共に消滅してしまったのか。
#10
#11

 神社はどこかへ移設されたに違いないが一体どこへ?神社の移設を見るのは生きているうちに一度有るか無いかで、その一度目が「道の駅」の「正一位玉稲荷神社」が現在の消防子倉庫裏から移設されたのを知っただけ。竹原駅前商店街の主要イベントといえば「えびす祭り」だったが、その祭りの神社が「戎社」だったようだ。富貴荘は無くなったが駐車場を管理している場所へ移設したのかもしれない。

 その後、周りの様子を確認したが「戎社」の行方が気になってならなかった。もしかしたら商店街の守護神は「ももねこさま像」へとバトンタッチされたのか。
#12

 一冨士跡(弟店)は残っていた。
#13

 このアーケードも「あいふる316」が塗りつぶされていた。
#14


 以下は在りし日の富貴荘と戎社である。(2013/09/21撮影)
#15
#16
#17
#18