いよいよ、待ちに待った。2月2日(火)にNHK BSPで放映される「岩合光昭の世界ネコ歩き 安芸・広島」で竹原のネコたちが登場する。竹原市公式ツイートでも29日に告知され、そのなかのタグ群に #漱石 も書かれていることから、過去ブログ記事で紹介済みの街並み保存地区にある「陶工房 風土」のネコ「漱石」が登場するのは間違いなであろう。放映までには「風土」を訪れたかったのだが、不要不急の外出自粛や仕事で行けそうもない。
 あきらめかけていた本日、岩合さんの番組が大好きなカミさんが「風土」にて土曜日限定で売られている「カンパーニュ」を買って帰っていた。本日、私より早く訪れて撮影時のエピソードなどを色々と教えて頂いたそうだ。晩ごはんはその「カンパーニュ」でシチューとなったので、どのようなものか紹介しておく。(2021/01/30撮影・購入)

 これが我が家の本日の晩ごはん。
#01
 既にカットされていたので、購入時の状態ではないが、これがその「カンパーニュ」の4分の一である。いつもはパン焼き機で焼いたパンにマーガリンを塗って食べるのだが、本日はこれにマーガリンを塗ってみた。外側は引っ張っても千切れないぐらいシッカリした皮で、内側は「ふわふわ」で「もちもち」した私好みのパンの類である。
#02
 そしてこれが「カンパーニュ」を買った際に頂いた「召し上がり方」の説明書である。これを読んだ時は既にマーガリンを塗っていたので、オリーブオイルは明日の朝ごはんでトライしてみよう。
#03
 カットした半分が明日朝用に残っていたのだが、撮ったこれではサイズが分り難い。下の皿がシングル・レコード直径174mmと同じぐらいでなので 15~17cm 程度であろう。巻き尺やペンを添えようとしたが異質のものと並べるとパンに見えなくなってしまいそうだった。
#04
 ついでにバターナイフと「風土」の袋も置いてみた。
#05

 最後に、カミさんが店主の方から訊いた話では、昨年12月に撮影クルーが15人程度来られたとの事。普段と違う雰囲気となったせいか、"漱石観光課長"も緊張気味だったらしい。とはいえ、予告映像では2階の窓に凛々しく座っていたり、屋根瓦を寝そべってズリズリ滑り落ちたりとリラックスした映像だったので、さすが岩合さんのマジック「いいこだねぇ~」で和んだのかもしれない。
 で・・・漱石ネコに会えたのか?なのだが、寒いせいか眠りの時間帯だったのか今回は会えなかったとの事。我が家の「ツンデレ」ネコ達も毎日がそのようなもの。