**** 2013/09/22 ****
法事帰省(飛行機)
・酒蔵交流館
P1010455
P1010456
P1010457
P1010458
・照蓮寺傍のクリーニング赤坂屋辺り
P1010459
P1010460
P1010461
・照蓮寺
P1010462
・竹原市の止水栓
P1010463
・南食料品店跡、赤箱ポストがあった壁
P1010464
・たけはらしの上水栓
P1010465
・黒猫が???
P1010466
・夕陽が沈む朝日山
P1010467
・芸陽バス中通車庫
P1010468
P1010469
P1010470
P1010471
P1010472
P1010473
P1010474
20130922_164221
20130922_164232
20130922_164239
20130922_164248
20130922_164251
・夕陽が沈む朝日山
20130922_164605
20130922_164702
・ファミリーマート下野町店
20130922_164716
20130922_164724
20130922_164729
・多機能型事業所あさひ
P1010475
P1010476
P1010477
・広島空港、東京行きの飛行機到着待ちにて峠下牛の串焼きを食べた
20130922_175838
20130922_175855
P1010482
P1010483
P1010484
P1010485

**** 2013/10/05 ****
・忠海高校(忠海高等女学校時代)でロケされた「エデンの海」がケーブルテレビ「衛星劇場」で初放映。
 本初版のリバイバルが多数有った。
PA053776
PA053778
PA053782
・協力は国立公園忠海観光協会
PA053783
・主演は藤田泰子と鶴田浩二
PA053784
・監督は中村登
PA053785
・忠海高校(忠海高等女学校当時)の校庭、私が在学時代に一部残っていた旧校舎が解体された。
PA053786
PA053787
・ここは忠海港への踏切にある灯籠
PA053788
・エデンの海パーキング辺りの沖と思われる
PA053789
・忠海高校の塀や門が現在も当時の雰囲気を何となく残している。
PA053790
PA053791
PA053792
・忠海高校沖で遠泳
PA053793
・忠海消防署辺りか
PA053794
PA053795
・正門
PA053796
・旧校舎
PA053797
・・クライマックス・シーン、生徒と教師の恋愛映画、教師は異動か?
PA053798
・教師を乗せた船が忠海港から出港
PA053799
PA053800
PA053801
・エデンの海Pの先、ホクストン辺りから船を眺めるラストシーン
PA053802
PA053803
PA053804
PA053805

 本映画はフィルム発見後の修復&ビデオ化が施され、竹原市民館でも上映されたそうだ。
私の母は呉線の蒸気機関車で忠海ロケ現場まで見に行ったそうだ。(1949年頃か?)

**** 2013/10/06 ****
1983年頃から月に1,2度は訪れていた秋葉原。神田明神へ寄ったら竹原ブースを見つけた。
20131006_153136
20131006_153145
・龍勢の試飲と販売中
20131006_153746
20131006_153817

**** 2013/10/12 ****
・組込マイコン(死語か?)ArdinoによるNゲージ完全自動制御のジオラマを作成した。
 バスは芸陽バスと広電バス、電車は呉線車両
PA123806
PA123807
PA123808
PA123809
PA123810
PA123812
・踏切の遮断器は自動開閉、赤色灯も交互に自動点滅する。
PA123814
PA123819
PA123821
PA123822
PA123824
PA123825
PA123829
PA123830
PA123832
PA123834
PA123837
PA123838
PA123840
・ホームへはスローダウンで停車、スローアップで発車。発車・接近メロディも鳴らした。
PA123841
PA123842
PA123843
PA123844
・ランダムでポイントを切り替えて引込線にて自動停止し、バックでループ線へ戻る。
PA123845
PA123846
PA123848
・呉線を走っていたクモハ105-23と24のNゲージ
PA123849
・コンピュータ・ボードは2枚使用、モータ制御はチョッパ制御で超スロー走行を実現
・メロディと走行音は矩形波によ音程を圧電スピーカで出力
・LED制御はI/Oポート制御、車両感知はホール素子、踏切駆動は携帯電話用バイブレータ・モータ
・自動制御と手動制御が切り替え可能、1レバーのマスコンハンドル操作にて前進・停止・後退が無断変則
PA123850
PA123851
・自作の制御プログラムはUSB接続でPC上にて開発&デバッグしていた。
 制作工数は 8日で60H程度。モータのチョッパー制御とポイント制御などはブレッドボード上へ。
PA123852
・赤スイッチはポイント切替、黒は自動/手動切替、キースイッチは主電源、
 右の黒レバーはT字型マスコンハンドル(白ケース内にポテンショメータ内蔵)
PA123853
PA123854
 
ファームウェア開発業務を30年近くしていたので、このような制御系は得意だった。
この自作ジオラマは竹原への引っ越し時に「断捨離」して泣く泣く廃棄した。

以上。