安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

秘境

 毎年、忘れていて観る時期を逃している「ホタルの里」だが、小梨町で開催されてきた「おなしホタルまつり」は今年は中止となったようだ。小梨町での今年の見頃がいつなのか分からないが、夜中にあの「酷道」を走る勇気は無いので、ならば比較的夜中に走り易い仁賀町ダム下流の「ほたるの里」はどうであろうか?来週末頃からが見頃なのかを、今年は忘れずに常連鑑賞者へ聞いてみなければ。
 小梨町「ホタルの里」と仁賀町「ほたるの里」の看板で、ふと思い出したのが東野町在屋のどこかで見掛けた「在屋かいこの里」の看板。本日は夕刻となってしまったが、その看板の在り処を見付けたので撮っておいた。(2024/05/26撮影)
#00
 
 その場所は東野町の国道432号にある信号「水の口橋西詰」を左折。
#01
 
 あとは道なりに進むだけ。
#02

 しばらく走ると公園らしき敷地や墓地が見えてくる。
#03

 
 徐々に道が狭くなって鬱蒼としてくると・・・
#04
 
 右手に一瞬、薄れかけた白い看板が目に留まる。
#05
 
 ここを右折した先に有るようだが、ここから先は私道風である。
#06

 
 この看板には桑の葉と蚕の幼虫の絵が描かれている。
#07
 
 既に17時を過ぎているので展示館であれば閉館しているであろうし、一旦、先へ入ってしまうと袋小路で抜け出られない可能性があることから、今回は看板の撮影のみとした。
#08

#09

 更に直進して「ト字」路を右折して在屋神社側へ戻る際に、先程の看板がある路地から抜け出られそうな道を見つけた。私道かは分からないが通って見れば良かった。
#10


 さて、この「在屋かいこの里」だか、何かの記念的建造物があるのか、この辺りが養蚕業で栄えていた場所なのか、ネットで調べた限りでは「ふれあいサロン」が定期的に開かれている「場所」がある事だけは分かった。

-以上-

 今週火曜日は、半年間も訪れていなかった宿根町にある「梅林園」を訪れてから16時頃には下山して「竹すずめ」へ行く予定であったが、朝日山登山道の至る所に真新しい「東永谷製鉄所遺跡」への案内板が設置されていたことから、長らく崩落したままだった遺跡への橋が復旧してアクセス可能となっているのでは?と、その橋があった場所へ寄り道してみることにした。(2024/02/27撮影)

 これは崩落前から道路脇に設置されていた案内板。
#00

 その案内板(黄矢印)がある場所の田圃が更地になっており、荒れていた西の川の護岸のコンクリート化工事も終わっていた。これまでは離合スペースの隅にしか車が停められなかったが、遠慮なく更地に停めることができた。
#01
#02

 崩れていた橋は撤去されており、工事足場による仮設橋が架けられていた。
#03

 仮設橋はカラーコーンで塞がれていたが、各所に案内板が新調されていたし、特に立入禁止の看板は無いのでカラーコーンの間をすり抜けて渡ってみた。
#04

 段差を乗り越えて遺跡に通じる道?へ入る。
#05

 遥か彼方の中腹に看板があるので、たぶん遺跡はそこらにあるのだろう。
#06
#07

 道は真っ直ぐ行って左へ曲がっていた。
#08

 埋もれて読めない看板・・・
#09

 曲がり角に次の案内板。
#10

 これは新調されていた。下側のは旧案内板。
#11

 曲がってみると石だらけで、まともに歩けない。
#12

 石だらけたに加えて、雨で緩んだ地盤に足を取られて進みにくい。
#13

 やっと、石ころが終ると道が左傾斜しているうえに枯葉に路面が埋もれて足が左へ滑る。
#14
#15
#16
#17

 やっと、遥か向こうに見えた看板が目の前に迫ってきた。遺跡はもうすぐか?
#18

 右へ曲がると枯葉の道は更に登っている。
#19
#20
#21

 左側にフェンスがあるということは、やはりここが遺跡だろう。
#22

 フェンス内の隅にあの看板が見えたが、敷地内には何もない。ここは遺跡ではなかった。
#23

 更に山道を登るが、徐々に獣道になり始めた。
#24

 もう橋からは100m以上は歩いてきた。もしも雨が降った日の後だったら悪路で断念していた。
#25

 もう、こうなったら引き返せない。
#26

 次の案内板が見えた。
#27

 この石段を上がるようだ。
#28
#29

 石段を上がり切ると枯葉で埋もれた道が更に続く。
#30
#31

 その先に長浜や忠海で見覚えのある「教育委員会」の石柱。
#32

 どうやらこの先に待望の遺跡があるようだ。
#33

 一通り説明を読んでみた。「ビニールシートの上を踏み歩か無い・・・」「土面だけで何も見る事が出来ません・・・」
#34

 この看板に貼られたリーフレット、10年前頃の竹原帰省時にどこかで手に入れたものであった。
そのリーフレットの表面はこちら
#35

 裏面はこちら
#36

 そして石碑と石柱。
#37

 ここが「たたら製鉄所」があった「東永谷製鉄遺跡」である。
#38
#39

 恒例のパノラマ写真を撮って下山。
#40

「橋が直ったら試しに行ってみんさい。もしかしたら未だビニールが被されていて何も見えんかもしれんけど、観光スポットになっとるらしいけん、珍しい遺跡が観られるかもしれんよ。」 2年前に宿根の知人に言われたのを思い出した。
 現在も埋められて保存状態となっていたので今回は実物が観られなかったが、図書館へ行けば写真入りの調査報告書が置かれているかもしれない。遺跡まで200mあることを忘れていて時間を消費してしまい、朝日山の山頂へも訪れたので自宅に着いたのが17時半頃、今週は「竹すずめ」でピザが食べられなかった。
 


-以上-

 大王市営住宅跡地が豪雨時の本川治水施設(遊水池か調整池)になるとのことで、小田山神社経由で訪れてみた。その跡地の様子については別途掲載とするが、久しぶりに小田山神社の側道を通ってみて気が付いたのが2点。それは扁額(神社名が彫られた額)が有る石製の鳥居が2基並んでいたことと、朱色鳥居が並ぶ途中に鳥居の模型が飾られたた祠が有ったこと。(2024/01/30撮影)

 ここは私が竹小時代の遊び場だったが、石の鳥居が2基あったことに気が付いたのは何とこの日であった。
#00

 上市からのこの狭い路地(参道?)は、アニメ「たまゆら」では竹原西高校への通学路だったが、改めて通ってみると余りにも淋しすぎて真冬に一人では通り抜けるまで不安であった。
#01

 手前から見ると鳥居は1つに見えるが・・・
#02

 横から見上げればもう一つ有った。石を投げて鳥居へ載せていた記憶では一つだけなのだが・・・。
#03

 こちらが手前の鳥居(前鳥居)の扁額。「たけはらの神仏を訪ねて/著:神野勝」によれば、建てられたのは昭和17年。なお、正式名は「小田山正一位稲荷神社」である。
#04

 こちらが奥にある鳥居の扁額。建てられたのは明治13年とのこと。
#05

 なぜ2基の石鳥居が並んでいるのだろうか?ここは最上位の稲荷神社なので、先ずは朱塗りの木鳥居があるのが普通だが、石製それも2基並ぶのは竹原では珍しい気がする。

 2011年頃に写真を撮りに訪れた際、ここの世話人が災害で倒れた朱塗り鳥居を解体・切断しており、新たな鳥居の寄進者を募られていたが、本数は増えず直立修繕に留まっているようだ。
#06

 鳥居のトンネルは「歯抜け」のまま。災害で倒壊していなければ「竹原の伏見稲荷」として観光スポットになっていたであろう。
#07

 先へ進むと・・・
#08

 小祠に気が付いた。
#09

 扉の前に朱塗りの鳥居の木製模型が置かれていた。この祠に気が付いたのもこの日が初めて。
#10

 狛犬(狛狐?)が阿吽の対になっているのかを再確認したいのだが・・・
#11

 ここの桜が咲き乱れる頃に境内を再訪してみたい。
#12

-以上-

 竹原市内で(私的に)一番の難所と思われる県道、それが県道369号の田ノ浦から小梨町の峠までの区間であろう。道幅は殆どが離合困難で勾配がある「つづら折り」の連続多発、交通量は少ないが見通しの悪いカーブでいきなりの鉢合わせ。今回は小梨町探訪での往路と復路を撮影してみた。(2023/12/12撮影)

 この警告「大型車通行困難」の看板は、県道369号の三原市との境界にあるのだが、この「この先」とは小梨の峠から田ノ浦までの区間を意味している。
#03

 先ずは県道369号の動画撮影ルートを赤ラインで地図に示す。そして「本町」から<369>県道マークまでの区間が離合難所で、見ての通りいかにも「峠族」が好きそうなワインディング・ロードとなっている。
#01
 
 景観的には殆どが山道なのだが、遠くに朝日山や一瞬だが海が見えるポイントも僅かにある。
#04
#05
#02

【動画】安芸の小京都 竹原 074 つづら折り県道369号田ノ浦小梨線(2023 12 12)



往路 00:0006:24 - 田ノ浦~小梨小学校跡(スポーツ広場) 帰路 06:2412:42 - 小梨小学校跡~田ノ浦 ※帰路にて一時停止やバックのシーンは対向車との譲り合い中。

-以上-

小梨の亀山八幡宮に続いて訪れたのが「東持庵(とうじあん)」。場所は八幡宮の注連柱前から奥へ10m程度先。(2023/12/12撮影)

 事前知識無く、小梨探訪案内の写真(8)のみで知った知った名所のひとつであるが、離れた所からのその建物の外見は茅葺の「庵」というよりは大正レトロ調の「教会」といった感じに見えた。
#01

 近寄って見ると「座」が付いた名の小振りの映画館風にも見える。
#02

 解説板を読んでみると、明治時代にここへ移設されて、真言宗から浄土真宗に改宗。昭和33年に全面改築されて昭和58年まで公民館として利用されていたようだ。確かに右側半分は今でいう集会所として利用されていた名残りが有りそうだ。
#03
#04
 
 そうだ・・・が、中ノ堂の玄関前中央に地蔵菩薩。
#05
 
 段違いの窓がある二階の中はどうなっているのか。
#06

 その左には鐘楼。
#07

 この小振りの鐘は非常時に鳴らされる半鐘用なのだろうか?
#08

 中へ入って各像を観たかったが、扉にはそれらしき可否の貼り紙などは見当たらなかった。
#09

 愛読書の『竹原聞きある記』にも「東持庵」について詳しく書かれていたので以下に転記した。

--原文(P79~80を転記)

七 東持庵
 東持庵は、亀山八幡宮の下の旧道沿い(小梨町字迫10370番の2)にある。浄土真宗の寺である。
 本尊は、阿弥陀如来(立像)である。その他に真言宗時代の本尊であった薬師如来(座像)と弘法大使(座像)が安置されている。
 本堂は、昭和33年に元小梨小学校校舎の一部を竹原市から無償で払い下げを受けて、公民館式に
建て替えたものである。その時鐘楼も建て替えられた。
 建て替え前の本堂は、床の高い茅葺き屋根の間口の広い寺らしい建物で、正面に広幅の樹の階段があった。棟にのせてあった大きな瓦が八幡宮の拝殿の廊下にある。鐘楼は二階建で、その下をくぐって参詣するようになっている。
 
★以下、由緒については個人名等が記載されているので割愛★
 東持庵に古くから伝わる太鼓が、今は胴だけ残っている。享保十九年(一七三四)九月に大坂で作られたものらしく、その後十三回張り替えられた記録と「小梨子村太鼓」という記録がある。

--原文(P82を転記)

八 動いた薬師如来像
 小梨に東持庵という寺がある。今は住職もなく、地域の浄土真宗の説教場となっている。
 この寺はもともと真言宗の寺で、寛永十二年(一六三五)三月に建立された古寺で、明治十一年寺迫谷から小梨の中央に移された。
 真言宗時代のご本尊である薬師如来像と弘法大使の座像が、今も同寺に安置されている。この薬師如来はいつの頃か不明であるが、まれにみる優雅なお姿をされていて、さぞや名のある人の作ではなかろうか。往時の同好者者が深く信仰していたと思われる。
 あるとき泥棒がこれを盗み、某店に売った。これを聞いた和尚と村人たちは、お店に迎えに行ったところが、東持庵のご本尊と同一の仏像が三体おられて、全く見分けがつかず困り果てた末、一同の者が「どうか、東持庵の仏様、少しでよいから動いて下されや。」と、一心不乱に拝んだところ、一心が届いたのか、中央の仏様が僅かに動かれた。これぞ東持庵のご本尊に間違いなしと、一同の者大喜びでお守りして帰り、再び同寺に安置した。それが現在おわします薬師如来様である。

-----


 以上、今回は小梨探訪案内の全15選のうち計4ヶ所を訪れてみたが、他についても冬を越して暖かくなってから探訪してみたい。

-以上-

↑このページのトップヘ