安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

メディア

 このところ、西条方面へ移動していると新庄町の神田バス停辺りで10人程度が地面を深く手堀している光景を見掛けていた。場所は国道432号バイパス工事の始点ポイントなのだが、テントが張られ他の工事区間とは異なって重機による作業をしていない。この様子は既視感があり、小早川神社の本殿近くで行われていた「城ノ本遺跡発掘調査」を思い出した。そして昨日は長い溝と石積みがチラノと見えたことから遺跡発掘調査であることを確信。そこで本日夕方にその現場を訪れてみることにした。(2024/05/24撮影)

 付近に車を停める場所が無く、車で賀茂中辺りをウロウロ。遺跡発掘ということで予想はしていたが、作業を終えた後でブルーシートを覆って遺跡が保護されていた。
#00
 
 かなり離れた場所から徒歩で訪れてみると、発掘現場は神田(じんでん)であった。いかにも遺跡が出そうな地名である。横断歩道を渡って遺跡発掘側へ移動。
#01

 白いテントの向こう側にブルーシートが敷かれている。
#02
#03

 発掘現場の脇に看板が置かれていた。
#04

 遺跡名は「神田遺跡(じんでんいせき)」。事業名は「城ノ本遺跡」の「一般国道432号改事業(竹原バイパス)に伴う発掘調査」とは若干異なるが、調査機関は同じであった。
#05

 
 調査の期間は来年1月末までの予定であり、それまでこの付近のバイパス工事は延期となるのだろうか。
#06

#07

 本発掘調査についてはテレビ・ラジオでは聴いてはいなかった。ネットで調べると本調査機関の埋蔵文化財調査室サイトのニュースにて「神田遺跡(竹原市新庄町)」が紹介されており、ここも小早川氏に関連する遺跡の可能性があるとのことだ。現時点ではそれ以外は見つからなかった。

-以上-

 先週訪れた際は疎らに咲いていた特定外来生物「オオキンケイギク」が、今年は更に群生が増えて満開となっていた。群生している場所は西小からハチまでの賀茂川の西側土手沿い。一見カレイでキレイに見えるのだが、派手過ぎる強烈な帯状の黄色は逆に恐怖を覚えてしまうほどである。竹原市では令和3年頃から呉線沿いに群生が始まり、瞬く間に賀茂川土手沿いにも広がり始めているように感じている。最近では国道の歩道沿いや放置された田畑にも群生化の兆候が見えてきている。来週辺りからは長浜辺りの呉線沿いが満開になるであろう。(2024/05/20撮影)
#00

 皆実橋辺り。
#01

 西小側の土手に入ってみると・・・。
#02

 西側の土手全域の半分程度に群生していた。 
#03
#04
#05
#06

 数輪程度でもドギツイ。 
#07

 まだ蕾が残っている場所もあるようで、咲いた花が枯れては咲く繰り返しが始まっている。
#08

#09
#10
#11
#12
#13

 日本全域の生態系を狂わせるオオキンケイギクの群生に加えて、今年はオレンジ色のケシ系の花を見掛けるようになった。先週視たニュースで報じられていたのがそれで、現時点では特定外来生物には指定されていない外来生物「ナガミヒナゲシ」とのこと。未だ疎らだが咲いている場所はオオキンケイギクと同じエリアのようだ。

-以上-

 とあるご縁で繋がったフリーペーパー『にちにち通信』。昨日はその運営者の方々と町並み保存地区の「竹すずめ」にて初会合。『にちにち通信』とは広島県竹原市とその周辺地域のことを取り上げるコミュニティ情報紙(カラーA4全4頁の冊子)で、現時点では第3号が発行されている。(2024/05/07会合)
#03
 今回の会合場所は私の憩いの場所となっている「竹すずめ」にて15時から。
#01

 気が付けば始まってから1時間以上が経過、店主も交えて濃厚な竹原の情報を交換することができた。
#02

 編集だより(『にちにち通信』第1号より転載)
#04

 本紙の配布場所(2024/03/03時点)は以下となっている。(Web版より転載)
  • 竹原市役所 様
  • たけはら海の駅 様
  • ふれあい館ひろしま 様
  • 杏竹館 様
  • 医療法人楽生会 馬場病院 様
  • 手仕事 くろたき 様
  • ほり川  様
  • 竹の茶屋 いっぷく 様
  • Cafe Like a trip 様
  • café 根古屋 様
 会合後は、教えて頂いた興味深い場所(第1号掲載の高崎町)へ直行!
#05

-以上-

 本日の朝日山は昨日より更に白くボヤけていた。雨天時の霧のような濃淡のムラではなく、全体的に煙に包まれたような不快な視界であった。フロントガラスもボヤけていたのでウォッシャー液を出しながらワイパーでぬぐうと、右隅に黄ばんだ液体がしたたり落ちた。あの忌まわしい「毒砂」の飛来である。(2024/04/18撮影)

 j先ずはこれが朝10時頃の朝日山。朝日は出ているのに映えない朝日山。
#00
 
 消防署近くの新本渡橋西詰からの眺め。
#01

 あいふる通り北端の交差点(商工会議所ビル前)からの眺め。
#02
  
#03
#04

 次も午後10時過ぎ、新開から。
 
#05
#06

 
 
#07
#08

 
 次は午後2時過ぎ。エブリイの裏辺りから。
#09
#10

 帰宅後は真っ先に水道の蛇口で目玉を洗った。

-以上-

 風呂後にブログを書き始めていきなりスマホが緊急地震速報。10数秒後にガタガタと横に揺れ始めたので直下型ではない。いよいよ南海トラフが始まったかと内心身構えたが震度3強程度で治まったので安堵。震源地は竹原から離れていたが、関東で東日本大震災を経験した私にとっては伊方原発の至近であったことが先ずは気になるところ。

 さて、昨日の記事に続いて「宮床さん」の本祭日(4月14日)にお好み焼を食べた「えしま屋」で見付けたサイン色紙がこれ。(2024/04/14撮影)
#00
 
 掲示場所は店内右のメニュー黒板下。
#01

 拡大と色調を強調してみるとシンガーソングライター「miwa」さんのサインと「ティーンエイジドリーム」と書かれていたことが分かった。
#02

 そこで 先ずはYoutube チャンネルで「ティーンエイジドリーム」を検索するとmiwa公式チャンネルで以下の動画が見つかった。



 これは忠海町でロケされたミュージックビテオである。
  • 冒頭からいきなり黒滝山の展望台を空撮
  • 内堀公園?
  • 山本呉服店前
  • 忠海港の鉄橋と国道の間の入江の東側石段
  • 宮床海岸の砂浜
  • 床浦神社の鳥居下
  • ・・・みろくの里
  • 再び石段
  • 忠海港桟橋
  • えしま家?
  • 山本呉服店の通り?
  • 黒滝山
  • ・・・みろくの里
  • 黒滝山

 本ミュージックビテオについての詳細はこちら(リスアニ!)を参照。

 ちなみに山本呉服店の通りがここ。偶然にもアトム側の忠海港Pから「宮床さん」の会場まで歩いたところだった。(2024/04/14撮影)
#03


-以上-

↑このページのトップヘ