安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

町並み保存地区

2020.02.04

 普明閣への石段途中にあるこの切り株跡をご存じだろうか?ここには松の幹のアーチが有り、昭和時代は丸木橋のように渡って遊ぶことができた。松喰虫にやられたか危険回避の為か、1982年頃には既に切られていた。その切り株の痕跡がこれである。石垣で切断面が腐らぬようコンクリートが塗られているのであまり目立たない。舞台から階段でつながる籠堂の軒下に切られた幹が多数転がっていたが、この松のものだったかは不明。1983年当時に肩で担ぐビデオカメラで撮った映像には切られた丸太が少しずつ割られて燃やされていた。「時をかける少女」のエンドロール・ラストで立ち昇る煙は、この丸太が燃やされていた煙の可能性がある。
#13
#13:松の切り株(2003/08/12撮影) 


過去の記事で紹介した「120フィルム」が実家で捨てられる前に私が(こっそりと)持ち帰っていたようで、それが今回押入れの中から見つかった。その写真にこの切り株跡となる松の幹アーチが写るものが数枚あったので載せた。フィルムは全部で12コマ、撮影場所は磯宮八幡神社(再建前)と西方寺および普明閣の境内辺りである。
#00
#00:120フィルム・フォルダ


それでは全12コマを紹介しよう。撮影はマスコット写真機店のカメラマンによる 1950年代と思われる。被写体は私の母とその姉妹、母方親戚の家族である。


1コマ目は礒宮境内での記念撮影。石段(再建前)の右側で忠孝巖がある池の近くと思われる。右端に見える石鳥居は菅原道真公の神社のものであろう。鉄砲水による全壊にて鳥居は現存していない。石段の上には瓦屋根に赤い柱の巨大な門が有り、それをくぐるか脇から回れば本殿への石段が有った。本殿には擬宝珠が付いた欄干があり、ぐるっと回ればさらに奥の神殿があったと記憶している。この本殿の位置は現在と同じだが、巨大な門は現存せず、現在は本殿前の境内となっている。
#01
#01:礒宮の境内(石段横)

#02
#02:礒宮の境内(石段前)奥には門が見える。


次は西方寺と普明閣の境内での記念撮影てある。これらの写真中に写る水平幹の松が、後ちに切られて切り株跡となった。普明閣境内への石段横から幹へ伝って先へと渡ると、塀の石垣より向こう側まで行くことはできるが、もしも足を踏み外せば鐘楼辺りへ落ちる。ここで陽が暮れるまでよく遊んでいたが、どこまでいけるか競ってもなぜか落ちたことは無かった。幹で飛び跳ねると松全体が上下に揺れて面白がっていた記憶もある。この頃は十一面観世音菩薩像は普明閣のお堂の中、後ちに鐘楼横へ建てられた菩薩堂へ菩薩像が移設され安置されている。
#03
#03:西方寺の境内(菩薩堂が建つ前の場所、後ろは78段の石段がある)

#04
#04:普明閣の境内(鐘楼から石段を上がった場所)

#05
#05:普明閣の境内(鐘楼から石段を上がった場所)

#06
#06:普明閣の境内(普明閣舞台への石段横)

#07
#07:普明閣の境内(普明閣舞台への石段横の灯籠)

#08
#08:普明閣の境内(普明閣舞台の真下)

#09
#09:普明閣の境内(普明閣舞台への石段横)

#10
#10:西方寺の境内(菩薩堂が建てられる前の場所)

#11
#11:普明閣の境内へ上がる石段(下半分)

#12
#12:普明閣の境内へ上がる石段(途中の踊り場)頭上には切られる前の松

2020.01.31

竹中時代、何かの授業で『1月は「いぬる」、2月は「にげる」、3月は「さる」だからあっと言う間に過ぎる』と教えられたのだが、今考えてみれば「いぬる」は標準語なのだろうか?どうやら関西圏ならば「いぬる」や「いぬ」は広く通用するようで『一月往ぬる、二月逃げる、三月去る』と言う漢字表記まで存在している。
竹原では自分の意思で「帰る」を「いぬる」、「帰ったら・・」と勧めることを「いんだら・・」、「そろそろ帰って」と催促いることを「いにんさい」、「はやく帰れ!」と怒ることを「はよいね!」、「絶対帰らない!」を「いなん!」となる。これが「する」だとトンデモないことになる。「する」は「する」、「したら」も「したら」、「しないと間に合わない」が「はよせんにゃあ」、「しない」は「せん!」、「しなさい」が「しんさい」、「はやくしろ!」が「はよしねぇ!」となり、他圏出身者がいきなり「はよしねぇ」と怒鳴られると「早く死ね!」とパワハラ用語となってしまう。こんな微妙な変格活用が他にも多くあるので、今流行りのAI学習によって翻訳処理させてみると面白そうだ。

ワイトショーやニュースで「今年は暖冬だが例年より雪が積もる」とか天気予報士が口を揃えて言っていたが、これから竹原でも雪が積もるのだろうか。2月と帰郷後は西条への用事も色々と増えそうなのだが、田万里町や仁賀町と竹原町では著しく天候が違うので雪予報へはどう対応し良いか分からない。

これまでの自動車での冬帰省では何度も積雪に悩まされたことがあるが、自動車に乗る必要が無いならば保存地区辺りの降雪や積雪は実に感動的な景色に感じられる。

2015年の元旦と2日に竹原にて久しぶりに積雪と降雪を見ることができた。

先ずは広銀跡地(酔景の小庭)からの旧日の丸写真館の(吹雪く)降雪。
普段より重厚感が漂う趣のある写真が撮れたのだが、ネット上にはある無数の日の丸写真館に同様のものがあるかを探したが見つかっていない。町並み保存地区内ではないが保存地区の玄関門柱的存在なので良しとして欲しい。
#01
#02
#01-02:旧日の丸写真館(2015/01/02撮影)


照蓮寺の降雪も迫力がある。「ええもん」の屋根瓦には僅かに積雪もあり、吹雪く白い鐘楼門の景色も見ごたえがある。

#03
#04
#03-04:照蓮寺(2015/01/01撮影)


まだ右手の建物が在る頃の西方寺の石段。
現在の開放された雰囲気とはかなり違っているのだが、私はこちらのほうが落ち着ける。
石段に雪が積もっていたらベストな景観だったかもしれないが、積もる前に晴れてしまった。
#05
#06
#05-06:西方寺(2015/01/01,02撮影)


雪が舞う普明閣も下から見るだけならば素晴らしい。
#07
#08
#09
#10
#11
#07-11:普明閣(2015/01/01,02撮影)


そこで誰も居ない舞台へ上がってみることにした。
下から見上げた時は空が明るかったが、舞台へ上がった途端に太陽へ濃い雪雲がかかった。
仄かに空が暗くなり始めたのでその様子を眺めていた。
この頃の西方寺に入ることが許された時間は17時までだったので滞在時間16:34~16:47で石段を下りた。
写真はその間に撮った全てなので明るさが徐々に戻るところをサーッとめくってほしい。
#21
#22
#23
#24
#25
#26
#27
#28
#29
#30
#31
#32
#33
#34
#35
#36
#37
#38
#39
#40
#41
#42
#43
#44
#45
#20-45:普明閣の舞台から(2015/01/02撮影)

#46
#47
#48
#46-48:普明閣から去る(2015/01/02撮影)


次は元旦に上がった普明閣舞台と境内から撮った白い甍の波。
ここからではなくドローンを飛ばすか水儀支店の屋上から撮りたいところだが叶わぬ夢であろう。
#51
#52
#53
#55
#51-53,55:甍の波(2015/01/01撮影)
#56
#57
#58
#59
#56-59:甍の波(2015/01/01撮影)


その他諸々・・・・。
#61
#62
#61-62:茶房ゆかり(2015/01/01撮影)
#63
#63:のんびり亭前から(2015/01/01撮影)
#64
#64:竹とんぼ手前(2015/01/01撮影)
#65
#65:竹の茶屋:いっぷく前から(2015/01/01撮影)
#66
#66:憧憬の広場(2015/01/01撮影)
#67
#67:胡堂(2015/01/01撮影)
#68
#68:旧佐倉商店(2015/01/02撮影)
#69
#69:竹鶴酒造(2015/01/02撮影)

2020.01.28

録画したとある番組の途中に竹原らしき場所が登場するCMを見付けた。見ながら歩くトラベルガイドには「安芸の小京都を訪ねて」と読めるサブタイトルが見えるのだが、なぜか場所についての説明が一切されていない。このせいなのか、これまで「安芸の小京都」でネット検索しても数ページめくらないと出てこなかった私の旧ホームページ「安芸の小京都(takehara_photo)」が1ページ目に出るようになっていた。
#00
#00:トラベルガイド(2019/06/05録画)


そのCMに登場していた格子が、これまで撮ってきたあの古民家の「竹原格子」に近似している。
#01
#01:あの竹原格子(1997/05/04撮影)
#02
#02:あの竹原格子(1998/05/06撮影)


また、あのお堂の格子に似たものまで登場していた。
#03
#03:あのお堂の格子(1998/05/06撮影)

CMでは一切「竹原」の文字は出てこないが、ここまで街の景観や格子が「町並み補残地区」と一致していると、いくら「架空の街という設定」といわれようがロケ地が「竹原」であることを確信せざるを得ない。ではなぜ「竹原」が伏せられているのであろうか。このCMの映像をヒントにロケ地を探しあてるディスカバー・キャンペーンなのだろうか?それさえもCM中では要求されていない。たぶんCMのホームページ側に書かれているのであろう。

もし、私の母親が生前にこのCMを見ていたら「あげーな、つづめがつかんもんの、どこがええんかのぉ~」と言ってたに違いない。因みに古い竹原弁である「つづめがつかん」とは「自分にとっては」に続いて「価値のない」と「くだらない」と「どうでもよい」を混ぜ合わせたようなニュアンスで使われるものである。だが逆に「つづめがつく」と使われることは無い。地元民から見れば「つづめがつかん」ものでも、外側へ晒される場合の外的要因によっては「ええもんに見える」ことがある典型的な例といえよう。


それでは、いつものように撮りためた「あの竹原格子」の写真を載せてみる。まぁ、100年で1mm 削られると言われている「竹原格子」なので 20年の経過程度では 0.2mm すり減ったぐらいの変化しかなかろう。
#04
#04:あの竹原格子(2003/04/28撮影)

#05
#06
#05-06:あのお堂の格子(2003/08/10撮影)

#07
#08
#09
#07-09:あの竹原格子(2005/05/03撮影)

#10
#10:あのお堂の格子(2015/01/01撮影)

#11
#11:あの竹原格子(2015/05/03撮影)

#12
#12:あのお堂の格子(2015/05/04撮影)

#13
#13:あの竹原格子(2016/01/01撮影)

#14
#15
#14-15:あのお堂の格子(2016/08/07撮影)

#16
#17
#18
#19
#20
#16-20:あの竹原格子(2017/05/03撮影)

この「竹原格子」を私や友達はこれがある通学路で「はじめ人間ゴンのマンモスの肉」と呼んでいた。またお堂の格子をズバリ「手裏剣」と呼んでいたのだが、もしかしたら間違えて「しりゅけん」と呼んでいたかもしれない。「仮面の忍者赤影」のテーマソング「手裏剣、しゅっ、しゅっ、しゅっ、しゅしゅ~、赤影はゆく~」で知った忍者の武器で、厚いブリキ板をブリキハサミ切って手裏剣を作っては、知らない民家の塀へ突き刺していた悪ガキだった。

この「はじめ人間ゴンのマンモスの肉」が別の場所にも在るので、探訪者が間違えないよう注意しておく。こちらは一見同じに見えるが、どこにも「ハート」は見当たらない。
#21
#22
#23
#21-23:あの竹原格子に似たもの(2011/01/03撮影)

2020.01.21
 「茶寮一会」となったこの旧旅館の漢字名は、磯辺/磯部/礒辺/礒部のどれが正しいか?昭和の豊田郡竹原町の地図が正しければ正解は「礒辺」のようである。地元ではこの程度の誤字はどうでもよい事だが、少しでも間違っていると地元外から即SNSで指摘される世知辛いご時世である。例えば「宮八幡神社」「憧憬の」「普閣」「恵比須堂」は格好の餌食といえよう。まあ、それだけ外から愛されている竹原なのかもしれない。
 その「茶寮一会」もあぶなっかしい。既に「茶房ゆかり」があるので「茶一会」となりかねない。この一文字を間違えると大阪府や京都に同種のカフェが存在している。また正式名は「茶寮一会-ICHIE-」なのである。
 この旧礒辺旅館だが、2008年に都内で開催された「平成20年広島県立忠海高等学校(旧中・女)東京支部同窓会」のメンバー挨拶にて、関東で暮らされていた磯辺旅館の血縁の方が「この秋に竹原に戻って礒辺旅館を再開します。」とスピーチされた。それからの帰省ではずっと再開を待ち望んでいるのだが、その兆し無く何年も経過してしまった。その2008年頃に過去撮影写真を探し出して旧ホームページへ載せた旧礒辺旅館の写真が以下である。
1278a
 撮影月日:2000.01.05
1278b
 撮影月日:2000.05.03
1278c
 撮影月日:2000.05.03
1278d
 撮影月日:2001.05.04
1278e
 撮影月日:2001.05.04
1278f
 撮影月日:2003.04.27
1278g
 撮影月日:2004.05.02
1278h
 撮影月日:2005.05.03

礒辺旅館の歴史は分かっていない。ここが竹小への通学路だったので、いつも玄関に飾られた屏風と巨大な鷲か鷹の剥製を覗き込んでいたという昭和30~40年代の遠い思い出だけである。いつ頃まで営業中だったかは知らないが、この辺りが町並み保存地区となってからデジカメ撮影し始めた1996年頃には既に休館?となっていた。

だが、再開されないまま9年が経過した2017年にその兆しが見られた。「礒辺旅館が再開するらしい」ことを地元のうわさで聞いて、ならば最後の「礒辺旅館」の状態を記録しておこうと撮っておいたのが以下である。
#01
#02
#03
#04
#05
#06
#07
#08
#09
#10
#01-10:旧礒辺旅館(2017/05/03)

もうすぐ再開される「礒辺旅館」は建物がそのまま活かされるのか、補助金を受けていれば外見の変更はできないので、このまま内装だけが生まれ変わるはず。保存地区に新しいホテルができるうわさも聞こえてきた。えっ?ホテル?となると「礒辺ホテル」か「ホテル礒辺」なのか。それとも「HOTEL ISOBE」なのか・・。だったが、どうやらホテルは旧礒辺旅館の隣りに出来るようで礒辺旅館とは直接関係がないことを後に知る。
 諸々の事情なのか旧礒辺旅館は旅館にはならず、1階が和風喫茶の「茶寮一会 -ICHIE-」となり、水儀本店と旧礒辺旅館隣りの民家が「NIPPONIA HOTEL」に生まれ変わった。いつの日か「礒辺旅館」は再開されるのだろうか。また、あの屏風と剥製が飾られると嬉しいのだが・・。もしかしたら以下写真の「茶寮一会 -ICHIE-」に入るとあの屏風と剥製が飾られていることを期待して、3月末の帰郷後には訪れてみる予定である。
#20
#21
#22
#23
#20-23:茶寮一会-ICHIE-(2019/04/27撮影)
#24
#25
#24-25:茶寮一会-ICHIE-(2019/05/01撮影)

 

2020.01.19
 町並み保存地区を巡るコースに春風館と復古館があるが、その向かいの民家に高棟莞也(たかむねかんや)氏による木版画が掛けられている。これは竹原が観光地化されるかなり前から存在している「街角展示芸術」なのだが、私の知る限りでは観光ガイドや旅行本には登場してはいない。だが上市・下市区(現在の本町を含む)では「高棟さんの版画」として親しまれていたのである。最初にこれを撮ったのは1997年だったが、その頃はこの民家内で数多くの版画が展示販売されていた。高棟莞也氏は2002年に亡くなられでおり、いつのまにか展示販売はされなくなったが、この「江戸時代の下市村絵図(部分)」は経年変化しながらも現在もここに飾られている。
#01
#01:高棟莞也の木版画(1997/04/28撮影)

#02
#03
#02-03:高棟莞也の木版画(2001/05/03撮影) 

それから10年が経過した。タイトル文字は色褪せてしまったが版画は傷みもなく残っていた。6枚の画用紙で1枚の画となっていることが良く分かる。展示販売されていた頃は、この画用紙サイズのものが数十枚単位で各箱に差されており、この木版画と同じものを何度が探したのだが見つからなかったのはそのせいである。
#04
#05
#04-05:高棟莞也の木版画(2011/05/03撮影) 

この頃から傷み始めたようで、木版画がビニールで覆われていたがそれも朽ちて穴が開いていた。玄関には高棟莞也による手彫りの住所看板も健在であった。
#06
#07
#08
#06-08:高棟莞也の木版画(2013/01/03撮影) 

その1年後には画の一部が欠落しており、とうとう修復できない状態にまでなってしまった。このまま破損が進むと額自体もいつしか取り外されてしまうのではと、誰かの救いの手が差し伸べられることを祈るばかりである。
#09
#10
#09-10:高棟莞也の木版画(2014/05/04撮影) 

その年の8月に開催された東京藝大生による竹原イベント「“芸術”、ですか?-歴史・町・広島竹原芸術祭-」の関連企画として「ぶらり町並み版画展-高棟莞也-」が町並み保存センターで開催されていた。もちろん訪れたが、展示されていた木版画の多くが展示販売されていた時に箱に入っいてた覚えのあるもの。入場無料だったためか特に撮影禁止では無かったのでお気に入りの一枚だけを写真に収めておいた。まだ電柱が立っている頃の懐かしい竹小への通学路と遠くには三井の煙突。私が写真に意識して収めていた三井の煙突があるのだ。鑑賞中に訪れた老夫婦も「ここも知っとる」と一枚一枚を微笑みながら指さしされており、やっと高棟莞也の木版画にスポットライトが当たる日が訪れたのだが、あの壁の「江戸時代の下市村絵図(部分)」そのものも同じ木版画もここには見当たらない。
#11
#12
#13
#14
#15
#11-15:高棟莞也の木版画(2014/08/17撮影) 

無いのならばと展示会を訪れた後に「江戸時代の下市村絵図(部分)」が気になって立ち寄ってみると、破損は中央の下部に及んでいたがまだ存在はしていた。
#16
16:高棟莞也の木版画(2014/08/17撮影) 


もう屋外のままでは、このまま朽ち果てるのは仕方がない。
#18
#17:高棟莞也の木版画(2015/05/04撮影)

・・と諦めていたが、色褪せが九割に及んでしまったものの誰かが欠落部分を貼り直した形跡が有った。ということは完全な放置ではなく、誰かが救いの手を差し伸べていたということ。 
#19
#18:高棟莞也の木版画(2017/05/04撮影) 

次は「江戸時代の下市村絵図(部分)」が載せられていることを期待して買った木版画集と絵葉書セットを紹介しておこう。だがどちらにも「江戸時代の下市村絵図(部分)」は見当たらなかった。現存する建物を彫ったものを集ているので、江戸時代の地図が題材のものが無いのは仕方がないこと。

木版画集は、藤井酒造の「たけはら酒蔵交流館」で偶然見つけて購入したもので、高棟莞也氏の晩年頃に出版された版画集「安芸の小京都たけはら-版画で見る竹原観光ガイド-」(編集:竹原市観光協会)である。これは 2001年6月に1000部発行されたようだ。
#20
#20:高棟莞也の木版画集(2002/08購入)

絵葉書については「道の駅」で買ったと思うのだが憶えておらず旧ホームページにも掲載はしていない。これを買った時は表紙のような写真集の葉書と思っていたのだが、開けてみたら嬉しいことに「高棟莞也の木版画集」だった。
#21
#21:高棟莞也の木版画集絵葉書

大黒神社に高棟莞也氏による「大黒様」が飾られている。ここの壁でも良いが、町並み保存センターや竹原美術館の所蔵品に加えて欲しい。「江戸時代の下市村絵図(部分)」の版木が未だ残されていれば、これらの写真をもとに摺師に頼めば再生ができる可能性もある。版画の世界を目指す上野の東京藝大生に頼む手もありだ。
#22
#23
#22-23:大黒神社の高棟莞也木版画(2014/05/04撮影)

↑このページのトップヘ