安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

町並み保存地区

 今日のランチは町並み保存地区の「竹すずめ」で「本日のパスタ」。カウンターでグラスビールを飲みながら格子窓に目をやると、黒い兜が店頭を通り過ぎる姿を目撃。その数十分後に食事を終えて外へ出てみると「せんべい本舗 黒田」の前で甲冑姿の武士が歩いていた。(2024/02/04撮影)
#00

 「竹すずめ」で注文した「本日のパスタ(食後ドリンク付)」は「明太子とイカ」でグラスビールを追加。店主の方の話では歴史物やアニメ系のコスプレ姿をよく見掛けるそうだ。だが、私のこれまでの散策中では若旦那風の和装男性を年に数回目撃する程度で、今回のような甲冑姿それも本格的なのは初めてであった。
#01

 甲冑姿の男性は広島(市?)から訪れた竹原リピーター。写真撮影とフログ掲載の承諾を頂いて戦闘ポーズで撮影。
#02

 日本刀は刃は無いが本物に近い重さと長さとのと。甲冑も中途半端なものではなく、造りも重さも馬上の戦(いわゆる騎馬戦)でも動き易いタイプ。

#03

 もちろん竹原と分かる背景として「胡堂」の前でラスト撮影。
#04

 今日は外国人観光客ペアを2組、観光ガイドによる1団体も保存地区内にて見掛けたが、この甲冑姿に遭遇していたに違いない。

-以上-

 新たに購入したコンデジのズーム機能について手振れ軽減の性能を試すため、片手持ちにて普明閣からの眺望を撮影してみた。ズーム機能は光学1~20倍までで他については「自動おまかせ」とした。(2024/01/28,30撮影)

 誰も居ない平日午後の普明閣。
#00
 
 先ずはパノラマ撮影にて180度の眺望を撮っておく。
#01
#02
 
 次は普明閣マニアが撮る場合のベスト・ポジション。
#02a
 
 続いて一般観光客がスマホで撮る場合の標準ポジション。
#02b

 ではズーム撮影を開始。狙うのは竹原町のランドマーク。
#03

 120メートル高三井の煙突「竹太郎」。
#04

 最大ズームにするとボイラー煙突(右端)からは珍し白いく蒸気が吐かれていなかった。
#05

 次は朝日山の頂上。
#06
#07

 最大ズームでは気象観測所のアンテナ塔と設備、東側にある反射板が確認できた。樹々が繁らない真冬に展望台や東屋が見えてないことから、頂上からは普明閣が観えないことも分かった。
#08

 次は竹原町の中央をズーム。
#09

 「ゆめタウン」跡を狙うと背後に新市役所となる旧合同庁舎も見えた。他自治体のように最上階に展望ルーム兼食堂(市民利用可)が出来れば普明閣を眺めながらカレーライスが食べられるのだが・・・。
#10

 「ゆめタウン」跡が白く塗られたことから一番目立つ建物が「ひまわり」となった。
#11

 最大ズームにすると店内の蛍光灯まで見えた。
#12

 最後は東野町方面を狙う。
#13
#14

 一番大きな建物は中通小学校。
#15

 近場では歴史民俗資料館と「マッサン&リタ」銅像。
#16
 
 中間ズームでも外板の塗装ムラまで分かるほどに綺麗に撮れていた。
#17

 最大ズームにするとその向こうには照蓮寺の鐘楼がクッキリと撮れた。
#18

 旧コンデジでは両手で持ってもピンボケだったが、曇天でありながら片手持ちでもズームがブレずに鮮明に撮れることから常備&常用カメラとしては、これまで使ってきたモノで最高性能と機動性が望めそうだ。もう重くてデカいデジタル一眼カメラを使う機会は無さそうであろう。大容量SDカードと予備バッテリーを購入して竹原散策に常時使いたい。



-以上-

 今週火曜日に降雪を撮りに西方寺を訪れた際、雪が舞うまで境内を巡っていると鐘楼前の梅が満開になっていた。梅の品種についての知識は皆無だが、殆どの品種が2月初旬頃から咲き始める梅が既に満開。この樹は1月中旬頃から咲き始めて下旬には満開となる品種なのかもしれない。しかし、同様に2月から咲く黄梅も既に満開となっているようだ。暖か過ぎた冬が関係しているのか、これが普通なのか・・・雪が舞うまで梅の花を撮っておいた。(2024/01//23撮影)
#00

 1本の梅の樹があるのは観音菩薩の安置所の横。鐘楼への手前である。
#01
 
 ただ撮るだけでは趣きがないので・・・
#02

 普段使っていないマクロ撮影をしてみた。
#03
#04
 
 普明閣を背景に入れてみたかったが樹がある場所からは見えない。
#05
 
 それならばと、朝日山を背景にしてみることにした。
#06
#07

 西方寺の山門脇にある枝垂れ梅が満開となるのは3月初旬。ちなみに「竹原市の花」は「梅」である。

-以上-

 1月23日(火)に町並み保存地区の「竹すずめ」を訪れた際、作りたての「神明さん」のミニチュアが店内に運ばれてきた。これは飾り物でもあり、実際の「神明さん」を組み上げる際の見本でもあるとのこと。上市区では今年は2月18日(日)に上市公園にて「神明祭」が開催される。また、その日程は2月10日(土)に小田山神社のある山中にて真竹や堅木を伐採し、翌日11日に自治会と有志によって神明作りが行われる。

 これがその「神明さん」のミニチュア。(2024/01/23撮影)
#01

 この日は「竹すずめ」で久しぶりのピザランチ。ちなみに「雛巡り」のポスターはこの日に届いて掲示された。
#02

 店主と「神明さん」の準備などについて店主や常連客と雑談?をしていると、「神明作り」の名手本人によって運ばれてきたのがこれ。さっそく、店内にて見栄えして且つ高い位置に置ける場所を探してカウンター席の右隅に決定。
#03

 昨年の「神明祭」の記事にて解説したが、その時に疑問や謎?だった事がこの「神明さん」が飾られたことがきっかけとなって関係者に色々と訊けて解明につながった。
 先ずは「神明さん」には「男神明」と「女神明」があるのだが、上市区のが「女神明」(上市公園)で楠通は「男神明」(西幼稚園跡)であることが正しかったと確認できた。最近の榎町では榎町公園内に2基並べて作られるが、これも「女神明」と「男神明」の対となっている。
 それではなぜ上市と楠通ではどちらも1基のみなのかだが、この両方の「神明さん」が離れた場所にて男女ペアになっているのである。よって、両自治会の「神明祭」開催日は敢えて同日であり、神明作りのスタイルも同一デザインで統一されている。なお、太鼓と唄で囃しながら「神明さん」を曳きまわす竹原ならでのスタイルは上市区のみとなってしまったとのことだ。遠い昔は上市の路上で曳きまわされていたらしいが、電線などの障害で今は狭い公園内で3往復するに至っている。

 以下が楠通の「男神明」(昨年に西幼稚園跡で撮影)。
#04

 以下が上市の「女神明」(昨年に上市公園で撮影)。
#05

 どちらの「神明祭」も同日に設定されており、前述のミニチュアを伸ばした同一デザイン。ただ、男女の違いが扇と短冊である。「女神明」は紅白扇子3枚の円形で短冊が紅白、「男神明」は扇子1枚で短冊は紫白と決められている。扇子が向けられる方位も恵方に揃えられており、閏年には扇子の色が反転するらしいとの話も訊けた。(確かに昨年は南南東の恵方へ向いていた)
#06

 最後に両「神明さん」の設置場所を地図で示す。
#07

 以上が上市の「神明さん」について分かったことだが、ならば榎町のように同一場所に並べて共同開催しないのか?という疑問。これについては、これまで別々に続けてきた両自治会の「拘り」なのかもしれない。

-以上-

 本日は9時半頃から竹原町に小雪が舞い始めた。朝日山の山肌が本格的な雪が舞って白く霞んでいたので、数分後には町並み保存地区へも大粒の雪が舞うに違いないと写真を撮りに自転車で直行。しかし、時折り小雪がちらつく程度のままで空振り(空降り?)となった。諦めて帰ろうとすると再び雪が舞い始めたので、本町通りから普明閣の境内へ移動。凍えるような寒さの中で30分程度ねばってみたが小雪しか舞わなかった。(2024/01/23撮影)

 小雪が舞ったのは短時間。扁額をズームに何度写真を撮ってみても虫や割り箸が舞っているような奇妙な写真しか撮れなかった。
#01
#03

 境内からも肉眼では見えているゆっくりと舞う小雪がまともに写らない。

#02

 そこで思い付いたのがハイスピード撮影である。秒間240コマで撮った動画を通常の30コマで再生すると8倍遅い動画となる。この撮影方法を使えば肉眼ではサーッと飛んで消える小雪が、ヒラヒラと舞い落ちるように撮れるに違いないと初の試みとなった。

以下がそのハイスピード撮影である。

安芸の小京都 竹原 076 小雪舞う普明閣【240fps ハイスピード撮影】(2024 01 23)


 どうであろうか?大粒の多量の雪であれば尚更だが、少量の小雪であっても風情のある動画が撮れることが分かった。今後、高速で動く電車や飛ぶ鳥などもハイスピード撮影で撮ってみたい。

-以上-

↑このページのトップヘ