安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

イベント

 昨年の何時頃だったか照蓮寺への十字路角に建つ古民家がリノベーション工事されているのを目撃。その後、玄関軒下の柱に「2022春 New Open café 根古屋」のPOPが掛けられている。
 古民家カフェのようだが、予告看板には小さく「台湾 甜品」と書かれており、読みは「たいわん・てぃえんぴん」で意味は「台湾スイーツ」であることから台湾系カフェなのであろうか?また、「根古屋」の読みは「ねこや」なので猫カフェ系なのだろうか?と、色々と思いを巡らせながら今か今かと新規開店を待ち望んでいる。(2022/01/16撮影)

 これがその新規開店予定のお知らせPOP(看板)である。
#01
 POPには InstagramFacebook のQRコードも書かれている。(閲覧にはログインが必要かも)
#07
 店舗の外観。(角の左は小田山神社方面、左は旧西幼稚園方面)
 
#02
 この格子戸が店舗玄関。
#03
 照蓮寺はすぐそこ!
#04
 小田山神社側には、改装工事前からある消火栓と消火器の木箱。
#05
#06
 この消火栓箱やその左脇の消火器箱の上には、このモフモフ猫が日向ぼっこしているのをよく見掛ける。
#08

 現時点の Instagram と Facebook から得られた情報は、未だ「台湾の軽食やおやつをお楽しみください。」だけで、店名「根古屋」の由来やメニューなどについては見つけられなかった。もしかしたら照蓮寺の周辺には猫が多いので「ねこや」なのだろうか?それとも・・・普段は普通のカフェだが、7日に一度の「特別営業」である土曜日だけ異世界とつながる扉がある古民家カフェなのだろうか?

 礒宮の初詣の様子を撮りに行ってブログに載せ終ったら午前3時になってしまった。ぐっすり眠れたが朝6時の目覚しアラームが鳴る前に目覚めた。何だか忘れている・・・そうだ、初日の出を撮りに行くのを忘れていた。竹原市の日の出時刻は 07:15 なので、二度寝しないよう何処で撮るかを寝床の中で思案。朝日山は滑りそうだし、黒滝には登りたくない。須波まで行ってもあそこは竹原ではない圏外。昨年訪れた高崎洞門上の旧国道は先客でベストポジションが先取りされているに違いない。エデンの海Pも展望場所が狭すぎるし、駐車スペースも満車であろう。的場山の「こいのさんぽみち」も先客がいそうだ。近場で確実に撮れて途中コンビニに寄れる場所・・・的場の突堤(東側に限る)に決定。

 訪れたのは的場海水浴場の突堤(東側)、撮影ポイント到着は 07:05。突堤上ではスマホ撮影族(あけおめLINE)が多数騒いでいた。カメラを据えている人は1人のみ。空いた場所に折り畳み椅子を据えてセッティング。ホカロンを両手にに握りながらコンビニで買ったサンドイッチとコーヒーで腹ごしらえして日の出時刻を待ちわびた。 

*******
07:34 的場の東突堤から眺める初日の出(ベストショツト)
#01

******

このベストショツトが撮れるまでの過程と、その後の撮影をタイムスケールで以下に示した。

07:15 日の出時刻(竹原市)になったが・・・その気配なし。
#02

07:16 阿波島の中程のこの辺りに昇るはずだが・・・
#03

07:16 高崎洞門の遥か向こう側の空が赤く染まり始めた。
#04

07:17 黒滝山頂上からは既に初日の出が見えているだろうか。
#05

07:19 阿波島の中程が赤く染まり始めた。
#06

17:20 どうやら厚い雲の向こう側に昇っているようだ。雲の上から太陽が覗くまで待つしかない。
#07

07:23 阿波島上部の明るくなってきた雲辺りから太陽が顔を覗かすに違いない。洞門上の雲も明るくなってきた。
#08
#09

07:24 この辺りからそろそろか・・・
#10

07:25 当初、阿波島中程のくぼみに昇ると思われたが、阿波島南半分側の上であった。
#11

07:29 薄っすらと太陽光のビームが見え始めた。
#12

07:29 日の出はもうすぐ・・・厚い雲から昇るので定刻からは14分遅れとなった。
#13

07:32 近くにカップ酒(御神酒?)を海面に注ぐ見物人あり。
#14

07:33 雲から覗いてきた!
#15

07:33 海面に金色の道ができ始めた。
#16

07:33 眩しく輝いてきた。
#17

07:34 まだまだ輝きが増すだろう。
#18
#19

07:34 この1枚をベストショットとしよう。(撮りたいものがど真ん中だが・・)
#20
#21

07:35 海面のみも。
#22
#23

07:36 突堤上からは見物人が消え始め、隣の先客とふたりになった。
#24
#25

07:37 そろそろ初日の出の撮影ラストにしよう。これ以上、太陽を写すと撮像素子が焼けてしまいそうだ。
#27
#28

07:41 契島辺り
#29

07:42 的場西側突堤
#30

07:43 的場ビーチ
#31

07:44 - 45 太陽は再び分厚い雲の中へ・・・
#32
#33

07:47 - 49 「ないすおおさき」が湾外へ
#34
#35
#36

07:52 「ないすおおさき」と「第五さんよう」がすれ違い
#37
#38

07:54 - 56 「第五さんよう」
#39
#40
#41

07:58 ビーチにはもう誰も居ない、そろそろ退散しよう。
#42
 フェリーの波が突堤を叩きつける。
#43
 高崎洞門上の旧国道から初日の出を撮った人もいるだろう。
#44

08:00 的場にある「こいのさんぽみち」終端からも初日の出を撮っていた人がいたに違いない。
#45
#46
 契島
#47
 分厚い雲から再び太陽が覗き始めた。
#48

 今年は幸運にも雲が途切れていたので日の出時刻から15分遅れで初日の出を拝むことができた。早朝の天気予報では広島県瀬戸内側は「曇天」になっていたが、寒さをこらえて諦めずに出かけて良かった。今年は幸先良い年になりそうだ。

 昨年はコロナ禍で除夜の鐘と初詣を見送ったが、今年の年末は幸運にも感染者数0が続いていたので訪れてみることにした。除夜の鐘は照蓮寺と西方寺のどちらかをその年の気分で変えていたが、今年は普明閣ライトアップの鑑賞も兼ねて西方寺を訪れることにした。
 照蓮寺と西方寺との協定で除夜の鐘の開始は23:45とされており、自宅を出て西方寺に到着したのが23:35であった。先ずは山門に置かれたアルコール液で手を消毒して本堂前に参拝。鐘突堂前には既に参列者が十数人程度並んでおりその末尾に加わった。開始5分前には住職が訪れて除夜の鐘のお経?をあげ、列先頭から順番に鐘を突いて何番目かが書かれている御札が手渡されていた。(2021/12/31撮影)
#01
#02
 私の番数は16番目であった。
#03
 列に並んでいた際に普明閣を見上げたところ、なぜか真っ暗、ライトアップされてはいなかった。自宅から西方寺へ向かっていた時にはライトアップされていた気がしたが、もしかしたら見間違えたか、23:30で自動消灯されたのか・・・。真っ暗の中、普明閣の境内を訪れてみたが、ライトアップされていない普明閣を撮っても仕方が無いので諦めて照蓮寺へと向かった。

 照蓮寺では既に108番目はとっくくに過ぎているはずだが境内を訪れてみた。 
#04
 例年ならば鐘楼の急な階段(ほぼ梯子)を登って鐘を突くのだが、なぜだかそのような様子が今年は見られない。しかし、鐘を突く音は何度も聞こえてくるのである。
#05
 山門横が明るくなっており、近寄ってみると上からロープが垂れていた。このロープを引くと鐘が突かれる仕組みになっているようだ。門横の説明書きによると、鐘を突く前に備え付けのビニール手袋をしてからロープを引くよう書かれていた。これぞ正しく「リモート除夜の鐘」であるのだが、今回は鐘を突くのはやめて礒宮の初詣の様子を撮りに行くことにした。
#06
 保存地区を抜け向島地区から礒宮に到着。例年ならば拝殿の境内への石段にビッシリと列が並んでいるのだが、コロナ禍のせいなのか全く列が無い。
#07
 拝殿自体の石段にも列が無く、賽銭箱前にも人は疎ら。
#08
 今回訪れたのは撮影のためだったので、別途家族で初詣をしに訪れる予定なのだが、年明け時刻過ぎにここまで参拝客が少ないとなると、元旦の昼間もこの程度の人出であろう。

 2010年頃から年末帰省ができた年には、照蓮寺か西方寺での除夜の鐘と礒宮での初詣に訪れていたが、ここまで人出が少ない年は初めてである。照蓮寺での年明けカウントダウンや礒宮の境内にズラリと並ぶ露店が会った頃が懐かしい。

 礒宮八幡神社の掲示版、前回訪れた際は「七五三詣」の貼り紙だったが、今回の貼り紙は「ボクとキミと神さま日和」と書かれたAT-X系の新作アニメ・タイトルのようなポスター?だった。(2021/12/26撮影)
#01
#02
#03
 礒宮での何かのイベント告知かと思われたが、ポスター下には「広島県神社庁」と書かれ、その左横には「お伊勢さまと氏神さまのお神札をおまつりしましょう。」とあり、左上には伊勢神宮のお神札と広島県内の各神社のお神札(例)が添えられていた。
#04

 これだけでは一体何だろうか?だが、ポスター左脇には礒宮宮司の毛筆の添え書きがあった。「ご家庭や事務所に神宮大麻氏神札を祀り、幸福な日々が過ごせるように日々お祈り致しましょう。・・・・」、初穂料(1,700円)と氏神札(礒宮八幡神社)は分るが、この神宮大麻(伊勢神宮)とは?調べてみたら正月を迎える前に各神社を通して配られる伊勢神宮のお神札の正式名称であった。確か2015年に家族で伊勢神宮を訪れた際に「神宮」だけの表記は唯一「伊勢神宮」を表すものと聞いたことがあった。この神札を祀るには柱に貼るのではなく神棚レベルが要りそうだ。
 このポスターの「ボクとキミと神さま日和」についてはネット検索では見つけられなかったが、神社庁のサブページにはお子様向けの解説が用意されていた。このポスターには賽銭箱の前に立つ兄と妹の写真と「学校でたし算もひき算もかん字も習ったよ。ボクが妹にたくさん教えてあげるんだ。神さまのごあいさつもいっしょうけんめい教えるよ。だってね、神さま、ボクはお兄ちゃんなんだもん!」と、その半分下には家族で一緒に参拝して帰る途中のどこかの神社の写真も有る。このポスター1枚で何となくこれを歌詞に使った曲が即作れそうだが、そうそう、「神さま・・・」で浮かぶのが竹原でロケされた「たまゆら」のMusicVideo「神様のいたずら」である。MVに登場する各シーン、公園、純喫茶・・・街の人々や乗り物などが映る貴重な動画である。

最後に関連写真を2枚。
先ず、過去に張られていた広島県神社庁のポスター(2015/09/20撮影)
#20160829
もう一枚は、家族旅行(伊勢神宮・ミキモト真珠島・鳥羽水族館~大阪道頓堀)にて下宮と内宮を参拝した際の鳥居前にて(2016/08/09撮影)
#20150920
以上、色々と話が膨らませられた神社庁ポスターの1枚であった。 

朝方からクリスマス気分も吹き飛ぶような寒気の襲来。朝日山には積雪は無く、暖かい陽射しが窓から見えた午後、思い切って外へ出掛けてみた。行先は「道の駅たけはら」の裏にある「たこ焼き天ちゃん」。先週は売り切れで残りの6個を無料サービスして下さったので8個入と「たこせん」を買いに行くためである。
 手袋無しでは耐えられない程の北風の中、自転車で寄り道した保存地区や礒宮に門松が飾られているのを撮っておいた。(2021/12/26撮影)

 令和3年正月の門松は今年の1月3日に撮ったが、正月飾りを飾って良い期間は新暦の12月13日から1月7日までの習わしが多いようだ。

先ずは胡堂。毎年豪華な門松が置かれている。
#01
#02
#03
 「まちなみ竹工房」にも胡堂と同じ飾り付けの門松が置かれていた。
#04
 その裏庭(修景広場)には、造りたての門松が置かれていた。どうやら胡堂などの門松はここで造られているようだ。
#05
 NIPPONIA HOTEL別館にも飾られていた。
#06
#07
 その隣の「茶寮一会」にも。
#08
#09
 竹鶴酒造では、今年も据置型ではなく壁掛け型の門松であった。
#10
 保存地区内では一番豪華と思われる一般古民家の門松。
#11
  NIPPONIA HOTEL本館は昨年と同一デザイン。
#12
 礒宮も昨年と同一デザイン。
#13
 そして最後、「道の駅たけはら」にも門松が飾られていた。
#14

 風が寒過ぎて町内を隈なく巡ることはできなかったが、まだ飾られていないところも多い気がした。縁起的に末広がりの二十八日火曜日に飾り終わるに違いない。今年も残り1週間を切った。毎年、新庄町で輝いていたイルミネーションの競い合いも「かぐや姫号」の車窓からは見かけなかったが、町中の雰囲気は12月26日から正月モードへと切り替わったようだ。

↑このページのトップヘ