安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

土曜日の実験室

 竹原駅前商店街の三叉路に昭和時代からある『手づくり郷土(ふるさと)賞』の道標碑。車道とアーケード歩道の狭間にあるせいか普段目に留まらなかったのだが、この日は背後から迫る自動車を自転車に乗って避けた際に、偶然この碑の手前で停まったことで改めて存在に気がついた。(2023/01/22撮影)

 この碑を初めて見付けたのは2003年の夏帰省だった。一見、「町並み保存地区」が「手づくり郷土賞」を受賞した記念碑に見えるのだが、この当時に「竹原駅前商店街」の愛称であった「あいふる316」が「手づくり郷土賞」の「ふれあいの並木道 三十選」部門の選考にて選ばれ、昭和62年7月にこの三叉路専用に造られた道標碑が(社)中国建設済会からから寄贈されたものであった。
#01
#02
#03
#04
#05

 現在もこの選考資料(PDF形式)が国土交通省の公式サイトに残されているので興味ある方は閲覧してほしい。
 掲載されてる懐かしい昭和時代の「あいふる316」の写真には「並木道(竹並木?)」があるアーケード街、今は上部が取り外された竹原駅側のアーチも写っている。また、文面を読めば「あいふる316」の名の由来が「愛が降る316mの買物道路」であったことも分かる。これまで「愛がFULL(あふれる)」の意味も含んでいると勝手に思い込んでいたが違いであった。
 そして興味深いのが地図に書かれた謎の「尾原川」だが、田ノ浦川や本川の上流と小梨町内でつながっているようでもあり、単純に「本川」の誤記とは言い切れない。もしかしたら国土交通省においては「本川」の公式名称は「尾原川」なのかもしれない。
 ちなみに「町並み保存地区」も昭和61年に「手づくり郷土賞」を受章しており、平成25年には大賞部門でも受賞している。

 昭和時代の古い地域地図を数枚確認してみると「喫茶 大学」や「中華料理 大学」の時期も有った「餃子楼大学」。実際に店を訪れて店主に店の歴史を訊いてみたかったのだが、残念なことに「閉店のお知らせ」が貼られていた。(2023/01/22撮影)
#01
#02
#03
#04

 昭和55年の地図では「喫茶 大学」だったのだが、その頃は竹原高校の女子生徒たちが部活帰宅時に今で言う「女子会」をよくここで開いていたそうである。(竹高OGからの実情報)
 そもそもの「大学」や「楼」という名の由来を訊けなくなってしまったが、「餃子楼大学」が学食風のセルフサービス式だったのは、このような「学生たちの集い」に使われていた名残りだろうか。その当時は現代の「マックカフェ(マクドナルド185竹原店)」のような存在だったのかもしれない。

 帰郷後から家内が友人と定期的に訪れていた町並み保存地区に古くからある「そば處かんの」が、暫く休業されることを聞いたのは昨年の秋であった。家内は営業の再開を待ちわびていたのだが、本日に見掛けた店頭の貼り紙で「暖簾を降ろされる」ことを知った。(2023/01/18,22撮影)

 先週までは「当面の間休業」であったのだが・・・。
#01
#02
 
 残念なことに「店じまい」をされる「お知らせ」に貼り替えられていた。
#03
#04
 
 私は蕎麦アレルギーで蕎麦が食べられないので「そば處かんの」は和風味溢れる外観しか観られなかったのだが、別な形で店主のお世話になっている。それがこの店主が出版された『たけはらの神仏を訪ねて』(撮影・編集:神野勝/発行日:2009年4月15日/印刷:山脇印刷株式会社)である。
 本著書を最初に知ったのは新町にある「カフェ&ギャラリーひのまる」の本棚であった。自費出版のため販売されていないとのことで、帰省の度にここを訪れて見入っていたが、帰郷後に竹原書院図書館で借りられることが分かり、その後、家内の友人が著者と知り合いで本書を所持しており、無期限で借用しながら竹原を散策する情報源に活用していた。
 そして昨年の6月、宿根に住まわれている私の知人から『たけはらの神仏を訪ねて』と『芸州竹原 旧下野村大井郷史』を譲り受けたことで完全な所有物にすることができた経緯がある。
#05

 本書冒頭の「出版にあたって(神野勝氏)」の一部をまとめてみると、神野さんが竹原市内に祀られている神社仏閣等の現在地の確認と実物を撮影する決意をされたきっかけは、『竹原聞きある記』を読まれて「竹原に長年住んでいながら"知らない・解らない"ことの多さに痛感」であり、本書を出版されたのが2009年4月15日、蕎麦屋を始めて13年経った時点であった。
 大よそ700頁もある本書だが、各ページに対して1神仏の名称・写真と所在地や由来・歴史などが掲載されており、これらの調査と撮影及び出版作業を2009年から4ヶ月の短期間で完遂されたことは驚愕である。
 
最後に「蔵出し写真」と帰郷後に撮った「そば處かんの」の写真を掲載する。

・最初に撮ったのは「年越そば」で開いていた1997年元旦。(1997/01/01撮影)
19970101a

・1998年GW帰省時の「竹まつり」にて。(1998/05/03撮影)
19980503a

・2000年の「竹まつり」。(2000/05/03撮影)
20000503a
20000503b
 
・2001年の「竹まつり」。(2001/05/03撮影)
20010503a
20010503b
 
・2003年の「竹まつり」。(2003/05/03撮影)
20030503a
20030503b

・2004年の「竹まつり」は「遊山」になっていた。(2004/05/03撮影)
20040503a
 
・2010年の年末も「遊山」だった。(2010/12/31撮影)
20101231a
20101231b

・2011年秋は「かんの」に戻っていた。(2011/10/24撮影)
20211024a

・そして最新が2022年の「憧憬の路」。(2022/10/31撮影)
20221030a

-以上-

 竹原には河口近くや掘に不法係留されたまま朽ち果ててゆく廃棄船(≠廃船)が実に多い。これまで帰省した際や帰郷してからも、それらが徐々に変わって行く様子を撮り溜めてきたが、今回はそれらの経過観察?対象の中から一例として最新の2隻を紹介する。(2023/01/08撮影)

 2隻どちらも竹原大橋の下にあり、先ずは1隻目。
#01

 撮り始めた頃は破れたテントや船側面に未だ色味が少し残っていたが、満潮時の海水に浸って西日に晒されることを繰り返しながら白骨化?しつつある。
#02

 もう1隻がこの2隻の右側。
#03

 こちらは土に還える段階となっている。
#04

 以下は昨年2月に撮った状態。(2022/02/11撮影)
#05
#06

 もっと古い写真を添えて最新を紹介すべきなのだが、短時間では同じアングルで撮ったものを探し切れず諦めた。

 竹原帰郷した2020年3月20日から大よそ3年が経つのだが、時間の制限なく自由に撮れることから膨大な枚数の写真を撮り溜めてしまったので、3年間の時間経過による変化を比べようにも探し出すのに一苦労。キーワードを付加しながら整理ができる新たな「蔵出し写真」の作業が必要となってきた。1996年から2020年5月5日までの「蔵出し写真」を掲載し終えたのは2021年4月1日、そろそろ2020年6月から撮った写真の整理を始めたい。(保存用ハードディスクが壊れて消失した写真が多数あるのが実に惜しい)

 先週、旧吉名小の交差点で信号待ちをしていた際にJA三原吉名出張所跡の玄関前にて何かの工事を目撃。すぐに信号が変わってしまったので詳細を確認できなかったが、玄関上の看板文字を剥がしているようであった。その後、吉名の知人に訊いてみると「JA三原がの~なってJA広島に変わるらしいで~」とのことだ。なるほど、「三原農業協同組合吉名出張所」を剥がしていたのは、その準備であったようだ。

 ・・・ということは円山医院のはす向かいにある「JA三原 竹原支店」とその管轄である中通の営農センター、荘野出張所と農機具修繕場、大乗出張所や忠海主張所の跡などの看板文字も既に取り外されてしまったか、またはその準備の真っ最中に違いない。

 一応、それぞれの看板写真は過去に撮ってはいるが、既に取り外されてしまったか否かを確認しに支店と一部の出張所を確認しに訪れてみた。(2023/01/15撮影)

 先ずは吉名出張所跡(吉名集出荷場)。ここは先日に看板が剥がされていたが改めて訪れてみた。
#01

 文字が剥がされた痕?跡?の「三原農業協同組合吉名出張所」が確認できた。
#02

 ならば竹原地区統括の「竹原支店」は既に剥がされているに違いない・・・と訪れたら未だそのままであった。
#03
 
 荘野出張所と同様に過去に「竹原」の「竹」を剥がして「三」へ取り替え、「JA」ロゴと「竹原支店」が新たに追加されていたことが文字の「てかり具合」の違いで今更だが分かった。だが、二行目の灰色部分に何と書かれたパネルが貼られていたかは今となっては分からない。
#04

 屋上にある大看板「三原」は後ちに「ひろしま」へ取り替えられるであろう。
#05

 ・・・だが「三原」を剥がして「ひろしま」へ取り替えるには同サイズでは1文字分のスペースが足らないので広島県内のJA施設の名称を総取替するには文字数の違いでかなり面倒な作業となるであろう。
#06

 「お好み焼 かも川」の帰りに荘野出張所へ立ち寄ってみたが看板類は修繕場を含め未だそのまま。
#07
#08

 さて、「JA三原がの~なってJA広島に変わるらしいで~」の確証なのだが、JA広島中央公式サイトの「新春ごあいさつ」に「本年4月には県内9JA(広島中央、佐伯中央、安芸、呉、芸南、三原、広島北部、三次、庄原)が合併し、「JAひろしま」が発足します。」と書かれていた。
 また、農協協会のニュース蘭JA三原の公式サイトの「お知らせ(2023年1月4日)」にも「9JA合併に伴うお取引に関するご案内(PDF形式)」が掲載されていた。

 しかし、吉名の知人は農家でもないのに、どのようにして「農協の合併」を知ったのであろうか?昨年2月の日経新聞サイトに本合併の記事が見つかったことから、吉名町内ではかなり前から周知の話だったのかもしれない。

↑このページのトップヘ