安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

土曜日の実験室

 本日、お昼にお隣さんから「松屋の二重焼」を頂いた。先週も「2個」入りを頂いたのだが、平日でさえも店頭が焼き上がり待ちの車で混み合うのに、更に観光客も混ざる土曜日の昼間にどのような「技」を使って買われているのであろうか。この薄ら寒い真昼に熱い包み紙を手渡されたあまりの有難さに訊きそびれてしまった。(2024/02/24撮影)

 先週はいつもの白い紙袋であったが、今日のは初めて見る包み紙にくるまれていたので記事にしてみた。
#00

 これが頂いた直後にテーブルに載せた時の状態。あの見覚えのある子犬に「さばられる」熱い茶が入った湯呑を持った子供?のイラストが印刷されている。
#01

 包みを少し開いてみると「松屋二重焼本舗」の文字が現れた。
#02

 包み紙を開いてみたら、いつものあの白い紙袋に入れられていた。この包み紙は前から使われていたのか、それとも今週から始まったのか?手土産用にと指定すれば特別に包んでもらえるのだううか?
#03

 紙袋をちぎって拡げると二重焼が3個。
#04

 包み紙を平らに広げ伸ばしてみるとこんな感じ。
#05

 電子レンジで軽く温めた後にオーブントースターで僅かに焦げ目をつけると、外はカリカリ、中はアツアツの焼き立ての二重焼が自宅で再現できる。ご存じだろうか?二重焼には熱いお茶よりも珈琲がふさわしいのかもしれない歴史がある。
#06

 あの犬に「さばられて」顎を嘗められている子供のイラストは店舗のガラスに描かれている。(2021/11/16撮影)
#07

 さて、このイラストはいつ頃から店舗に描かれているのだろうか?「松屋二重焼」の変遷を辿ってみると、2015年末に旧店舗の窓ガラスは描かれていた。(2015/12/30撮影)
#08_20151230a
 
 そして2014年GW帰省時に撮った際は描かれていなかったので、2014~2015年にお目見えしたようである。
#09_20140506a

 念のため更に改修前の旧店舗も確認してみたがイラストなし。
#10_19980805a

 さて、お分かりだろうか?なぜ二重焼には「珈琲」なのか?(1998/08/08撮影)
#11_19980808a

 全く記憶には無いのだが、もしかしたら昭和時代の旧店舗横には「甘党の店 喫茶まつや」が併設されていたのだろうか?二重焼を食べながら珈琲を啜る時代があったのかもしれない。

-以上-

 2月始め頃だったか、長らく更地状態のままになっていた一冨士跡地(森川邸北隣り)に仮設パイプの建築物が造られているとの情報があり、もしかしたら「酔景の小庭」(広銀跡地)を観客席側とした「雛めぐり」のイベント用仮設ステージなのでは・・・とさっそく偵察。(2024/02/08撮影)
#01

 ・・・確かにステージ風だが、パイプ枠の開口部と屋根の傾斜はどうみても背面側。コンパネの床は薄過ぎるし、ステージには低すぎる二階の格子床が設けられている。どうみても東向きのステージというよりは西向きの何かの倉庫の骨組みであった。念のため「雛めぐり」の開催イベントを調べたが野外ステージ系は見当たらず。
#02
 
 それから5日後に再確認。やはり仮設倉庫か資材置き場にしか見えない。もしかしたら昨年末から始まっている森川邸離れ座敷の修理工事(主屋は通常開放)の一環ではなかろうか・・・。だが、工事名パネルなどは見当たらない。(2024/02/13撮影)
#03
#04
 
 そして本日、その後の様子を再確認。折り畳み扉が設置されてその横に工事名パネルが掛けられていた。本写真では新町市営駐車場パネルに遮られて見えない。(2024/02/23撮影)
#05

 農協Pで引き返すため森川邸前を通ってみると塀の土壁と瓦が剥がされて工事の真っ最中。
#06

 昨年末から修理工事が行われている離れ座敷は外から見えないが、塀も修理工事の対象であった。
#07
 
 本日は森川邸内の喫茶も営業中。門前に観光客が訪れていた。
#00

 引き返して工事名パネルを確認。工事名は息継ぎしないと言えない長過ぎる「竹原市指定文化財旧森川家住宅離れ座敷保存修理工事(第1期)」。設計・監理は兵庫県加古川市の「神戸建築文化財研究所」、施工は宮大工の伝統と技術を創業から継承されている同県加西市の「株式会社 神田組」。文化財系の修繕・改修工事系となると専門職が携わっていることが分かった。
#08

 そしてあの仮設ステージではなかった建築物は瓦などを保管する資材置き場であった。また、あの外塀だが「修繕(見映えの化粧直し程度)」ではなく、瓦と土壁まで剥がしての作業レベルであることから「修理(壊れて機能を果たしていないものを復旧)」なのであろう。
 その土壁が剥がされて露わになった竹と縄で組まれた格子の長い塀に何かが物足りない。そうだ!あの消火器を入れた新町区の風情の有る赤い箱が取り外されているのだが、修理後には元の取付場所へ戻されるのだろうか。(2012/08/07撮影)
#09

-以上-

 楠通仙場町にあった地蔵湯が更地になったのはいつ頃だったのか?ここを通る度に3階建ての祠を眺めながら在りし日の地蔵湯の姿を思い出してしまう。(2024/01/16撮影)

 隣りに在った仲商店までが消えてしまい、本川から旧々岩瀬書店跡が丸見えになっていた。
#01

 更地になった地蔵湯跡地は、のちにアスファルトが敷かれて駐車場となっている。
#02

 その一角に3階建ての祠が鎮座している。戦後の内湯が少ない頃は、ここの祭礼での「せったい」が有名で子供達が拝み来ていたとの記録が『たけはらの神仏を訪ねて/著:神野勝』に書かれていた。
#03

 改めて祠の各階を見てみると同居の地蔵様が少し増えているようだ。
#04


****** 以下、「在りし日の地蔵湯が消えるまで」 ****
 
[1996.10.13撮影] 最古の黎明期テジカメ(カシオQV-10)による写真。画像が粗いが女湯側に地蔵祠が写っている。
19961013a

[1999.03.25撮影(TKさん提供)] 湯上りのお客さんだろうか?私が最初で最後に利用したのは1970年頃だった。自宅の五右衛門風呂の底がオガライトの強火力に負けて抜けてしまい、修理までの1週間、タオルと洗面器を持って通っていた。その頃は男女の暖簾がある木造だったと思う。
1999032aTK
1999032bTK
 
[2005.05.03撮影] この写真で左手が女湯だったことが分かった。
20010503a
 
[2008.12.28撮影] この頃は営業されていたのだろうか?
20081228a

 この通り祠は建物と一体化。
20081228b

[2010.03.21撮影] 臨時の帰省時に解体中を目撃。祠は防塵幕に隠れて写っていないが建物と密着していたので一時的に退避されたのだろうか?未確認であった。
20100321a
 
[2010.04.30撮影] その年のGW帰省時には更地となって、トタン張りされた祠のみが橋のネキに移設され鎮座していた。
20100430a
 
[2010.08.10撮影] その夏の帰省時にはアスファルトの駐車場になっていた。
20100810a

 この祠に集められた地蔵菩薩の愛称は現在でも「地蔵湯の地蔵さん」でよいのだろか?

-以上-

 「松屋の二重焼」の店舗前が大混雑で買えそうになかったので、もう昼食?は諦めて向島にある公園の横から日本橋方面へ向かって散策。その公園の遊具に「きけん立入禁止」のテープが張られていた。(2024/01/16撮影)

 先ずこのゴリラとライオンの遊具だけを見て場所が特定できる来訪者はかなりコアな「竹原リピーター」であろう。
#00

 場所は「松屋の二重焼」から宗五郎橋を渡って鎮海山沿いに礒宮方面へ。
#01

 その中程右手に先程の遊具が見える公園がある。
#02
#03

 規模的には竹原の一般的な自治地区レベルの「公園」なのたが・・・
#04

 どうしてか「遊園地」という大そうな名が付けられているのを2020年冬にブログ記事にしたことがある。
#05

 2012年頃から比べると大掛かりな遊具は全て撤去され、残るのは鉄棒、ブランコ、砂場にゴリラとライオンだっが、その鉄棒も老朽化なのか不具合で使用禁止の吊るし札。
#06
#07
#11

 となりのブランコへ目をやると・・・
#08

 2020年には吊るされて使えていたブランコの鎖が外されていた。
#09

 その向こうにあるブランコの柵(飛ばないようにするカード?揺れるブランコに触れない為の柵?)に「きけん立入禁止」のテープが張られていた。
#10

 鉄棒代わりに使用されていたのだろうか?これも倒壊の危険性があるとの吊るし札。
#12

 使えるのは公衆便所と小振りの砂場にゴリラ&ライオンだけとなったようだ。いや、奥の隅に高い鉄棒(懸垂用?)が吊るし札なく残っている。

-以上-

 大晦日の「除夜の鐘」の記事で既に紹介しているが、我が家では「年越うどん」と「雑煮」へ入れる具は近末かまぼこ「瀬戸」と「平天」にしている。特に「拘り」という程では無いのだが、夫婦の両家供に幼少の頃から母がそれらを使っていたからである。今回も大晦日にフジ竹原店で購入したが、お互いに雑煮へ入れる「近末のかまぼこ」と「べろ天(昭和生まれの呼び名?)」で通じるのが嬉しい。しかし、私としては雑煮は味噌出汁にして焼き穴子も入れて欲しいのだが、家内の家系では味噌出汁も穴子もあり得ないとの事で醤油出汁が今も続いている。
 なお、既に過去記事へ書いたかもしれないが、昨年の夏か秋に近末の信号待ちをしている際に店内から観光客風の若い女性が二人出てきた。その手には白い紙袋(クレープ風)に挟んだ何かを持って美味しそうに食べており、遠目だが色とその形から揚げ立ての「平天(べろ天)」に見えた。

 毎年、外観写真を撮る前に封を切られ使われてしまうのだが、今回は帰宅後忘れずに事前に撮っておいた。前回撮った写真は1998年のものしか見つかっていないが、微妙に包装フィルムやラベルのデザインに違いが有るので興味が有る方は比べてみて欲しい。大きさ、厚みや重さ等は比較ができないのが残念ではある。(2023/12/31撮影)
#01

 これが通称「べろ天」。今もこれで竹原で通じるのかは定かでない。私は揚げ立てを未だ食べたことが無いのだが、訊いてみた人の全てが「近末の天ぷらは揚げ立てが一番旨い」と口をそろえて言う。冬場は1枚そのままを石油ストーブの上に載せて焦げる寸前まで焼いて食べるのがオヤツだった。
#02

 こちらが通称「近末のかまぼこ」。汁物に薄く切って入れるよりは、1枚を豪快に斜めに半分に切って油でキツネ色に揚げると何枚でも食べ飽きないほどの絶品になった。
#03

 板の裏へ製造日と消費期限日が貼られている。
#04
 
 それぞれの厚みと枚数。
#05
 
 我が家の雑煮は今年も、神田もち、「瀬戸かまぼこ」と「べろ天」に広島産牡蠣入り。
#06
#07

 本当に竹原では味噌出汁に焼き穴子は有り得ないのだろうか?何人かの先輩方に訊いてみたが「それは珍しいのぉ~」との声ばかり。


-以上-

↑このページのトップヘ