安芸の小京都 竹原アルバム

このブログは私の故郷竹原のディーブな散策アーカイブです。 1996年から続けていた旧ホームページをブログとして継続中。 (ご注意:観光向けではありません)

土曜日の実験室

2020.01.15
 竹原関連ブログならば神明掛町通りと久保町通りの角にある竹原電化の看板について何か書かない訳にはいかないだろう。ここは町並み保存地区圏ギリギリ外なのだが、まるで保存地区対象物件なのではと間違う程に時間が止まったままなのである。竹原の自然でやかな「時」の流れを感じたくて訪れた旅人の多くがここの看板「キドスカープ」に魅了されている。
 道の駅からの観光推奨ルートだと、栄町通りか享保町通りを抜けて笠井邸からスタートし、照蓮寺で折り返して、藤井酒造の酒蔵交流館から掛町通りを抜けて戻るので、ここを通る機会は少ない。旧日の丸写真館が目的か、製塩町ホテルへの宿泊、レストラン青での食事ならば確実にここを通るであろう。

 試しに「キドスカープ」でネット検索してみてほしい。殆どの結果が竹原電化の「キドスカープ」に関するものであることに驚くであろう。私のは場合は在りし日の「エイデン」シャッターに描かれていた光速エスパーへフォーカス・ロックしていたので、ここはそんなに写真を撮っていなかった。2010年頃から「何だか気になる存在」となって、その経過を時々見守っているのだが、塗り潰された電話番号だけが徐々に色褪せて晒され始めたことぐらいで、逆に看板自体は褪せるどころか彩度が上がっているように感じる。撮った写真は以下の1998年から2017年までの数十枚なので、その変化(していない様)をざっと眺めてみてほしい。(見え始めた電話番号はモザイク加工した)
#01
#01:竹原電化(1998/05/04撮影)

#02
#02:竹原電化(1998/08/09撮影)

#03
#03:竹原電化(2003/09/28撮影)

#04
#05
#04-05:竹原電化(2006/01/03撮影)

#06
#06:竹原電化(2011/01/04撮影)

#07
#07:竹原電化(2011/08/18撮影)

#08
#09
#10
#07-10:竹原電化(2013/01/03撮影)

#11
#12
#11-12:竹原電化(2013/12/31撮影)

#13
#14
#15
#16
#17
#18
#19
#13-19:竹原電化(2015/05/03撮影)

#20
#21
#22
#20-22:竹原電化(2017/05/03撮影)

#23
#24
#25
#23-25:竹原電化(2017/05/04撮影)

以下は自己満足の世界へ入っているのでわざわざ読まなくてよいかも。

 では「キドスカープ」とは?過去記事で少しだけ触れたが、これは日立のカラーテレビ用に開発されたブラウン管の愛称である。もう「ブラウン管」は死語だが、その時代に使われていた「チャンネルをまわす」とか「チャンネルをひねる」の表現はなぜか残っている。「巨大な真空管」と表現しても「真空管とは?」となるのでなかなか説明が難しい。
 テレビの仕組みを軽く説明したほうが良いのだが、もう過去の技術なので詳しく語るのはよそう。中から貞子が這い出して来るような分厚いガラス瓶の画面がブラウン管とでもしておこう。液晶テレビのパネルを拡大すると赤緑青の粒が1組で並んでいるのだが、ブラウン管でも同じである。赤緑青の光り具合で黒白を含む全色が表現できるので、この赤緑青1組が2Kテレビなら水平方向へ約2000組を1本とした線が垂直に約1000本のスダレ状に並んでおり、これを1画面とした写真が1秒間に30枚の速度で差し替えられている。200万画素のスマホカメラで例えれば1秒間に30枚撮った写真を実時間で再生しているようなもの。
 この赤緑青1組それぞれは液晶テレビならシャッターの高速開閉、LED型テレビなら粒の明るさを高速で変化させ色合いを変えているのだが、ブラウン管テレビは電子銃と呼ばれる光線銃で画面内側のガラス面にビッシリ配置した電子が当たると光る蛍光粒を正確に狙い撃ちしている。銃には赤用、緑用、青用の3本が有り、ゴルゴ30も驚くほどの正確さと速さで350組×525本のスダレ状に並んだ1粒を同時に3本の銃で撃っているのである。また器用にも奇数目のスダレと偶数目のスダレを交互に射抜き、電子銃からの電子が当たった粒はその弾の強弱によって光る強さを変えている。目の残像効果と発光の余韻によって結果的に30分1秒に1枚の写真がすげ替わって動画として見えている。
 この電子銃の精度と粒の配置の精度、まっ黒の表現方法に関する技術向上が昭和40~60年代の家電各社で競われていた。この辺りから製品の商標名なのか技術方式名なのかが怪しくなるが、ソニーでは商標名を「トリニトロンカラー」、東芝は「ユニカラー」、松下は「パナカラー」、三菱は「ダイヤカラー」、そして日立は「キドカラー」だった。ブラウン管の技術ではソニーが「トリニトロン」で売りは電子銃「ワンガン・スリービーム」(1本の筒に電子銃が3本が入った技術)、松下の「クイントリックス」や日立の「キドスカープ」である。他のメーカーのブラウン管技術はソニーのシャドーマスク(粒に被せた網目状の枠)を使わない新技術(トリニトロン方式)が幅を利かせていたのか目立っていない。その代わりなのか電源を入れると電子部品が温まるまで画像がなかなか出ないのを改善した日立のポンパ(スイッチポンでパッと点く)などが出始めた頃から商標なのか技術名なのか区別が難解となる。竹原電化の看板にある「鳥」の名前は「ポンパ君」であり、電源を入れてから温まで動かない真空管式の電子回路をトランジスタ回路へと置き換えた技術だった。もちろん真空管の親分であるプラウン管はソリッドステート化(ICやトランジスタ化)できなかったので車やファンヒーター暖機のような余熱手段しかなかった。この頃、更に三洋の「ズバコン」(回すチャンネルがそのまま抜けて、超音波式リモコンとして使える)や、リモコン操作でチャンネルつまみがガチガチと遠隔回転するものなども一般受けしていた。
 私がソニー党だった理由は、何かのテレビ歴史番組で観たデファクト・スタンダードを効かせてユーザーを囲い込む、電球と二股ソケット販促のためは他社による蛍光灯の普及を阻止するような社風の会社ではなく、技術者の「弛まない技術の探求」が大好きだったからである。松下がトーマス・エジソン型ならばソニーはニコラ・テスラ型といえよう。もちろん今でも押入れには小型のベータ式ビデオムービーやとラジオのスカイセンサー5800(竹原の旭電機で購入)などが保存されている。

 さてこの「キドカラー」の「キド」だが、光り具合の「輝度」と電子銃が当たる発光材料の「希土」から名付けられたもので、ブラウン管自体の名称は「キドスカープ」だ。因みに「スカープ」は「スコープ」のことだと思うが、電球や真空管のようなガラスやレンズを使った機器の多くに「スコープ」が付いていおり、原始的な映画の上映装置は「キネスコープ」、電子工学の世界では計測器に「ブラウン管オシロスコープ」や「シンクロスコープ」、その他に「テレスコープ(望遠鏡)」や「マイクロスコープ(顕微鏡)」がある。会社ではこの「スコープ」はプログラミング言語で使われていたが、ビジネスで使うと「サステナブル」とか「ダイバーシティー」を多用する「カタカナおやじ」になるので要注意。

 最期に竹原における「キドカラー」についてトリビアが2つある。1つ目は「日立のポンパ号」が竹原駅に止まったこと。2つ目は「日立の飛行船キドカラー号」が竹原上空を飛んでいたこと。
 蒸気機関車と客車「日立ポンパ号」は日立の宣伝専用蒸気機関車で、車両自体が当時のカラーテレビを連想させる総天然色、車内も宣伝展示がされていた。呉線電化の寸前で未だディーゼル(キハ)が走っていた1970年の頃。平日の19時頃だったと思うが、家族で竹原駅まで訪れてホームに停まっていたポンパ号に乗り込んだ微かな記憶がある。この時、ホームへ渡る跨線橋が水色で木造だったこと、見終わってから駅を出たら駅前交番とシオタの隙間に月食が見えていたこと。その後に「一冨士」で中華そばを食べたこと。
 飛行船「日立キドカラー号」は竹小での授業中に誰かが空に浮かぶ飛行船を見つけて教室内が騒然。授業が中断され窓から覗くと銀色のボティーには竹原電化の看板にある日立ロゴと「キドカラー」の赤文字が入った飛行船が、何やら歌を流しながら西へと漂っていった。窓から隣りを見たら、どの教室からも生徒が体を出していた。これはポンパ号より少し前だったと思う。
 我が家がカラーテレビとなったのは大阪万博の1970年の頃だった。これまで白黒画面に「カラー」と出ていたのがカラーテレビで「カラー」が観られて喜んでいた時代である。「鉄腕アトム」、「どろろ」や「トムとジェリー」は白黒だったが、白黒だった「巨人の星」が途中からカラーになった。海外ドラマとしては原子力潜水艦シービュー号の「海底科学作戦」、「タイムトンネル」は白黒だったが、「サンダーバード」や「ジョー90」、「宇宙大作戦(スタートレック)」や「可愛い魔女ジニー」なとがカラーで観ることができた。この竹原電化はその頃から「キドスカープ」と「ポンパ君」の看板でここに現在も存在し続けている歴史的価値のある建造物なのである。

2020.01.07
 昨年の10月帰省では、実家の風呂が解体されていたので大広苑(だいこうえん)の風呂を利用した。1960年代に実家に有った五右衛門風呂が抜けた時、直るまでの一週間に使っていた地蔵湯が無くなったってしまったので、それ以後では初めての竹原での外風呂である。宿泊客以外でも利用ができる大広苑の風呂は、2001年4月20日に新館ができた時、ヨーロピアン調大風呂「ビーナスの湯」との名称で併設されたものである。これまでの出張や旅行等で利用してきた各種ホテルの宿泊経験からすると、この風呂はビジネスホテルにある大浴場といった雰囲気である。
 ロビーから階段で2Fへ上がって左側にある扉を開けるとカウンターがある。宿泊外利用料として700円払うと首からぶら下げるロッカーキーとハンドタオルが貰えるので、椅子に座って喫煙できる大休憩室の隅にあるキー番号と同じロッカーを探して裸になって浴室のドアを開けて中にへと入る。ロッカーは会社の更衣室等によくある一般的なタイプであり、キーはブレスレット型ではないので貴重品があるならば首から下げたままでの入浴となる。
 中に入ると左側にはサウナ室があり、更に大浴場のドアを開けると流し場と3槽?の大風呂がある。積まれた椅子と洗面器を取って座面を洗った後に座る。ボタンを手の平でバンっと押すと15~20秒程度水栓からお湯が出る。温度調節や水の蛇口があったかは記憶していない。
 入った時間は17時半頃だったが、先客は3人でそれぞれが3つの浴槽を個々に独占していた。3人が入れ代わり立ち代わりにサウナに入っては浴槽へと戻るというローテーションだった。

 その大広苑の変遷については、これまで何度か記事にしてきたが歴史は古い。大広苑ができる前の土地は1970年頃まで広大な田圃だった。春には一面れんげ畑となり、収穫の秋には稲穂が干されて藁焼きの煙があちらこちらで立ち昇る。ここが私と友人の遊び場となっていた。
 1970年頃に全国的なボウリング・ブームが訪れた頃、この広大な田圃が埋め立てられて「竹原スポーツセンター」が突然できた。その後、駐車場の南側へはバッティング・センターが増設され、その頃にはブームは終焉を迎えていたと思う。それからの順番は定かではないが、頑丈なレーンを利用したのか墓石展示場、BかC級の映画館、結婚式場となり、現在のホテル旅館業へ至っている。ボウリング・ブーム当時は1,2度程度訪れた微かな記憶はあるが、ボウリング自体より裏にあるマシン室には興味津々。倒れたピンが自動的に掃出されて整えられ、ボールはベルトコンベアで床下から元に戻される。その自動機械が開いた窓から常時観察できていた。その時のボウリング・システム会社名が「AMF」であり、アメリカン・マシン・アンド・ファウンドリー (American Machine and Foundry) であったことだけが鮮明な記憶として今も残っている。

 そのボウリング場だった名残りが大広苑のこの看板である。この手の名残りがある看板は関東ではロヂャースグループ(ワコーとジュンテンドーを足したような業態に近い)に多いが、西条ならば賀茂ドライブインが現在はホテルカモとなっているといえば分かり易いかもしれない。その大広苑のシンボルであったボウリングのピンがいつしか取り外され、カラーリングは赤白から緑へと変わって現在に至っている。新館の屋根にも同様の高い位置に看板が備わったので、それより低いこの古い看板はその役目を終えたようにみえるが、駐車場の利用者からは見え易いので役には立っている。それでは最古の写真から現在のものへの変貌を紹介しよう。

#01
#01:大広苑の看板(1997/07/13撮影)
白地で消された部分に何が書かれていたかは憶えていない。写真は黒地だが実際は赤である。また、ピンの首には2本の赤ラインが有ったが、この頃は色褪せてしまっていた。因みに既にボウリング場ではない。

#02
#02:大広苑の看板(1998/03/02撮影)
この写真では看板全面が塗り直されて、結婚式場、ホテル、サウナ、和風レストラン花車が書かれたが、実際には3面のうちの2枚がこれであり、残り1面は白地のままである。

#03
#03:大広苑の看板(2003/05/01撮影)
そしてシンボルとなっていたボウリングのピンが撤去された。

#04
#04:大広苑の看板(2004/08/01撮影)
新館の屋根に新しい看板ができている。

#05
#05:大広苑の看板(2005/01/02撮影)
新館の看板と同じデザインに変って新たに「風呂」が追加された。なぜか「大広苑」の字体が変わっているが新館の字体とは異なる。また左上の斜め線がクローバーへ変わっているのも興味深い。

#06
#06:大広苑新館の看板(2008/12/28撮影)
これが2001年に増設された新館と「ビーナスの湯」である。

No.2020.01.01

 年が明け令和2年となった。いつもならこの時間は礒宮八幡神社で初詣の最中だが今年は自宅で録画した番組を見ながら記事を書いている。竹原で暮らしていた頃は元旦といえば明治神宮のコント55号と芸能人かくし芸大会が楽しみだったが、今回の年越し前後に録画していた番組は早送りで観るまでもなく消去ボタンとなるものばかりだった。絶唱ではなく絶叫、短いフレーズ繰り返し、抑揚の激しいナレーション、ぶつ切りと巻き戻し、効果音と文字の埋め尽くし、恒例ではなくマンネリだったりで平常時のワイドショーやバラエティと何ら変わらないもの。やはりどの局も番組制作の発注先が同じ会社なのだろう。正月を感じさせてくれるのは、年明け直後のさだまさしのトーク番組のみとなってしまった。

 それに月が替わったせいなのか未修復の1ヶ月前の過去記事の画像欠落が始まっているので再び修復作業が必要となってしまった。まだ試行中だがこの「はてなブログ(無料版)」はログ(履歴記録)として使えないことが確定した。また新たなブログ探しを始めなければならない。

 さて、帰省していない以上、新たな除夜の鐘や初詣の写真は無い。ごそごそと探していたら古い雑誌「観光と産業 たけはら」(ブレーン企画:昭和57年)にこれを見つけた。今更だが、いつ頃の写真なのかご存じの方はいないだろうか。写真の文章「当社」が「ブレーン企画」なのか「当神社」なのかはもう分からない。


#00
「観光と産業 たけはら」より


  ちなみに礒宮における旧本殿前の記念写真だが、本殿らしきものが写る写真は以下ぐらしかない。石段に立つ私の後ろにあるのは本殿ではなく本殿手前の門であり、この門の開口から先に微かに見えている屋根が本殿と思われる。現在の本殿前の境内には昔は大きな柱の立派な門が有って、ここでかくれんぼなとして遊んでいた。現在の礒宮は鉄砲水で流された後に再建されたものだが、この門が再現されなかった経緯にも興味あるところだ。新旧共に本殿には普明閣のような欄干があるので門との違いは分かり易い。

#18


 冬の帰省時には必ず礒宮へ初詣に行くのだが、徐々に活気が薄れてきていると感じる。賽銭箱への高額投入を告げる太鼓の音の数、晴れ着姿の群れの数、破魔矢の本数、結ばれたおみくじの数、鳥居まで連なる家族連れの数、そして場を盛り上げる露店商のテント列数。これらの数による初詣の賑わいは2011年を最後に急降下している気がするのだが、以下はその2011年元旦の初詣の様子である。

#01

#02

#03

#04

#05

#06

#07

#08

#09

#10

#11

#12

#13

#14

#15

#16

#17


 ついでに2012年から2019年の様子も見比べて欲しい。天候や時間帯によっても客の数は違うだろうが、訪れる毎に「あれっ?」と感じている。もうすぐバーチャル神社へバーチャル初詣をして、バーチャル賽銭箱へバーチャル賽銭をリアルでペイする時代が到来するであろう。

#21

#22

#23

#24

#25



No.2019.12.25

 過去記事で紹介した竹原駅ロータリーの竹オブジェ(当時は工事中)の完成状態を12月の帰省で撮ったので紹介する。先ずは工事中だった時の写真がこれである。写真では難読なので文字起こしをしてみた。(但し英訳は省く)見ての通り観光スポットなどへの「道しるべ」である。矢印下にはkmで道のりが書かれている。 

#01

#01:工事中の竹の道しるべ(2019/01/07撮影)

#04

  以下の写真が完成した竹オブジェである。本当は近くに寄って撮りたかったのだが、さすがに待機中のタクシー運転手の注目を浴びるので信号待ち時に撮ったものである。よって、英訳の文字がボケて読み取れないので省いた訳である。

#02

#03

#01:完成した竹の道しるべ(2019/12/18,19撮影)

#05

  お気付きたろうか?駅側から見ると「ようこそ」で、信号側からだと「またきんさい」となっている。もちろん矢印も変えてある。なぜだか「ようきんさったのぅ」でもなく「おかえりなさい」でもないのだが、まぁ~駅側を「おかえりなさい」にして信号側を「いってらっしゃい」にしたら「御主人様」を付け加えなければならなくなるが。

 夜中の様子も撮ってはいるが「かぐや姫物語」のように竹の柱が光りはしないし、スポットライトも浴びてはいなかった。月灯りが唯一の照明である。

 写真には一部しか写っていないが、工事中には無かったものが竹の筒から覗いているようだ。白い球の左右に黒い小さな球が付いているのだが、たぶんだろうの域だが「かぐや姫」ではなく「かぐやパンダ」が切り口から頭を出しているように見える。

 さて「竹の道しるべ」に書かれているスポットだが、ここ竹原駅を起点とするとかなり広域であり、北は西野町から東は忠海の沖にある島までである。矢印は所在地がある方向(方位)ではなく行先へ続く道の始点を示しているようにも見える。たとえは湯坂と美術館と朝日山は後方ではなく「ロータリーから右側へ」、保存地区は「後方のあいふる316経由」であり、その他は全て「ロータリーから左側へ」と解釈できる。

 ここで大切なものが2つ無いことに気が付いた。すぐ横にある「たけはら観光案内処」の所在地と撤去されたアナログ時計の復活である。幟や看板があるものの案内処は案外分かりづらい。駅から出て案内地図板がある左側の信号を渡ると見逃しがちとなる。アナログ時計は腕時計やスマホを出すまでもなく目に入るので、あと何時間何分でバスや電車が来るのか、フェリーに乗るまで何分余裕が有るかを瞬時に脳内で計算できるからである。

No.2019.12.22

 

 久々に竹原消防署前を通ってみると、いつのまにか壁面アート(幕張り)が新しくなっていた。「平成30年竹原中学校美術部」と書かれているのでみ、この原画が部員にて描かれたのが30年12月中旬までとし、幕が作られたのが年明けの年度末、壁に張られたのが消防署の定期人事異動10月1日とすれば、今年の春以後から9月末までの間にお披露目となったと推測される。まあ、作画提出期限・製造納期・取替工事・企画完遂がギリギリだったとしてだが・・。

 今回の作品テーマは「その火事まった!!」と「救急車の適正利用にご協力ください」である。前者は、突然自然発火した竹林の竹に水を掛ける怯えたうさぎで「うさぎ島」がモチーフだろう。後者は、アンちゃんが救急車をタクシー代わり(いたずら含めて)に呼んだのがバレ、着物姿?の女性に叱られ「やんちゃしてごめんちゃい」とテヘペロしているオヤジの若かった頃の遠い思い出の絵であろうか。着物姿はかぐや姫ではなさそうなので昭和時代とすると、この若者は団塊の世代といえる。であれば、遠い目をして「若い頃は、よぉ~やんちゃしとったのぉ~」と衰えた自分に威勢を張ってみせる今時の「やんちゃ自慢おやじ」をモチーフにして皮肉ったものかも。そこまで深読みしても何の意味もないが、まぁ、この真新しいアートを一目見た時の私の根性が捻くれた感想ではある。と遠い目をしながら書き込んでいた自分。

 ではそのアートをまじめに紹介しよう。

#01

#02

#01-#02:竹原消防署(2019/12/18撮影)

  現在は竹原消防署は東広島消防本部の管轄だが、竹中美術部の作品を飾るのが恒例となっているようだ。これまでの挿げ替え周期は約8年であり、前作は色褪せと部分的に色が剥げ落ちてかなり劣化していた。

 前回のアートは以下である。写真はいくらかあるが程度の良いものを載せてみた。最古の写真は2010年末だがボケていたので2014年のもとした。平成21年の作成画であり2009年となるが、平成23年と火災報知器取付義務化の文も2010年には書き込み済みだった。モチーフは竹藪と少女なのだが、かぐや姫には見えないので分からず仕舞いのまま世代交代してしまった。

#03

#04

#03-#04:竹原消防署(2014/08/13撮影)

 そして前々回の作品がこれである。こちらは2006年元旦の撮影だが、作成は2002年4月であった。まだ古い写真が見つかるかもしれないが画質が荒いカメラの頃なのでこれを選定した。もちろんモチーフは竹藪とスタンダードなかぐや姫。

#05

#06

#05-#06:竹原消防署(2006/01/02撮影)

  

↑このページのトップヘ